« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の4件の記事

2011年11月24日 (木)

Nils 「What the Funk ?」(2010)

音源:iTunes Store
レーベル:Baja/TSR Records

ラジオから流れてきたファンキーなギターに、ガツンとやられた。2007年のニルスのシングル「Ready To Play」だった。

ニルスは、西海岸を中心に活躍するエレキ・ギタリスト。彼のかっこいいギタープレイで、聞き逃せないアーティストになった。この「What the Funk?」は、彼の2010年発表の最新作。

壮快感とスピード感。R&Bリズムがダンサブルで、メロディアスなフレーズの数々。コードストロークやチョーキング、ハイトーンのアドリブもファンキーで本当にかっこいい。どの曲もヒット性の高い佳曲ぞろい。タイトル曲M-5「What the Funk?」が現すように、ギターの「乗り」にあふれたアルバム。とにかく聴いていて楽しくなること間違い無し。

M-1「Shake It」、M-2「The Hump」、M-3「Jump Start」、の始まり3曲は、その曲名そのまま、シェイクして、〇〇して、ジャンプしてスタート。タイトルそのまま、ファンキーでグルービングな3連発で、ガツンとやられる。ホール&オーツのカバーM-6「Sara Smile」が、バラードということもあるけれど、ちょっと物足りないくらい。「底抜け」と言っていいほどファンキーなギタープレイ。

| |

2011年11月23日 (水)

Acoustic Alchemy 「Roseland」(2011)

音源:CD(輸入盤)
レーベル:Onside Records

アコースティック・アルケミーは、1987年にデビューしたギター・デュオ。オリジナル・メンバーは、ニック・ウェブとグレッグ・カーマイケルの二人。1990年の「Reference Point」はフュージョンの名盤の一枚。耳に心地よいアコースティックギターを中心にした演奏が、当時主流だったエレクトリック・フュージョンの中で異彩で新鮮だった。

オリジナルメンバーのニック・ウェブは、1998年43歳の若さでガンで夭折してしまう。その後、マイルス・ギルダーデイルが加わり、ツインギターをメインにしたバンド編成になっている。

デビューから数えれば25年を経てのこのニュー・アルバムは、ポップ、ロック、フォーク、レゲエ、ジャズといったコンテンポラリーミュージックの万華鏡のようで、過去の作品を超える「代表作」と呼べる完成度の高い作品。

続きを読む "Acoustic Alchemy 「Roseland」(2011)"

| | | コメント (0)

2011年11月20日 (日)

Azymuth 「Aurora」(2011)

音源:iTunes Store
レーベル:Far Out Music Publishing

NHK-FMの「クロスオーバーイレブン」は、80年代から90年代終わりまで続いた、人気の音楽番組だった。当時クロスオーバーと呼ばれたフュージョンミュージックや、AORなどのコンテンポラリーな選曲が秀逸で、俳優の津嘉山正種さんのナレーションが音楽とともに深夜にふさわしい雰囲気の番組だった。その番組の有名なテーマ曲が、アジムスの演奏曲。アジムスは、ブラジルのフュージョンバンド。

クロスオーバーイレブンのテーマ曲は、1980年に発表したアルバム「Light As A Feather」収録の「Fly Over The Horizon」という曲で、いまでもこの曲を聴くとクロスオーバーイレブンのナレーションが聴こえそうなほど、その番組のファンや当時フュージョンミュージック・ファンには「名作」の曲。フェンダーのエレキピアノの音と、チョッパー気味のエレキベースが、まるで宇宙空間を浮遊しているようなグルーブの曲で、夜の終わりに本当にぴったりだった。

続きを読む "Azymuth 「Aurora」(2011)"

| | | コメント (0)

2011年11月 6日 (日)

Jonathan Fritzén 「Diamonds」(2010)

音源:iTunes Store
レーベル:Nordic Night Records

ジャケットの「視線」にちょっと引いてしまう。ビジュアル系としての売り込みなのか、貴公子然としたイケメンのポートレートに、リスナーの資格に「特別」なものが必要なのかといった疑いを感じつつ。。でも、内容はクオリティの高いポップス系の10曲に「はずれ」無し。

アコースティックピアノが奏でるひたすら「美しい」メロディ。ジャケットを伏せて、聴き込めば、超美メロディのここちよいピアノプレイにうっとりさせられて、ヘビロテ間違い無し。計算されているであろうアレンジメントとサウンドプロダクションは、「売れる」のを想定しているとはいえ、いやみに聴こえるところは無くて、このアーティストは逸材だと確信。

ジョナサン・フリッツェンは、スウェーデン生まれのピアニスト。1982年生まれ、若干29才。2008年にデビューアルバムを出して、このアルバムは3作目。全曲、彼自身の作曲で、メロディメーカーの才能も秀逸。

続きを読む "Jonathan Fritzén 「Diamonds」(2010)"

| | | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »