« Jeff Lorber Fusion 「Galaxy」(2011) | トップページ | Roberto Vazquez 「Between Two Worlds」(2011) »

2011年12月30日 (金)

The Parlett-Colah Project 「Moment In Time (Single)」(2011)

音源:iTunes Store
レーベル:Parlett/Colah

ジェームス・コラーは、西海岸で活躍するキーボードプレイヤー兼プロデューサー。プロジェクト名義で、シングルを発表している。自身名のシングルが2曲、サックス奏者のマイク・パレットと組んだプロジェクトで3曲。彼のホームページによると、近いうちにアルバムを発表するらしい。5曲いずれも、西海岸らしい壮快感のある8ビートの演奏。

「Moment In Time」は最新曲。軽快なサックスと、後半に登場するアコースティックピアノがうきうきする曲。「Blissful」は、アーバンポップスのようなテーマをサックスが奏でて、アコースティックピアノとの絡み合いは曲名どおり「至福」の感じ。波音のSEで始まる「Ocean Tide」は、ちょっとR&B風のギターがテーマを奏でる。サックスと絡む、こちらはハモンドオルガンがかっこいい。

ジェームス・コラー名義の2曲は、「Better Days」と「Touched By The Light」。「Better Days」は、ギターが主役で、終わりのあたりにやっと出てくるアコースティックピアノがもっと聴きたい。「Touched By The Light」は、ジョージ・ベンソンの「ブリージン」のようなギターイントロと、フェンダーエレピの音が印象的。

5曲いずれも単発のシングルなので、曲が短くて残念。いずれの曲のメロディーもキャッチーで、ヒット性の佳曲ぞろい。アルバムを期待したい。ちなみに、サックス奏者のマイク(マイケル)・パレットという人。「Motown Jammin'」という最新シングルがiTunesにアップしている。モータウンサウンドのオマージュ。いかにもモータタウン、かっこいい曲。

| |

« Jeff Lorber Fusion 「Galaxy」(2011) | トップページ | Roberto Vazquez 「Between Two Worlds」(2011) »