« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の4件の記事

2012年1月28日 (土)

スムースなシングル盤4曲

最近は、スムースジャズの曲も、フルサイズのアルバムではなくて、シングルだけのリリースというのも結構多い。去年のリリースから、推薦したい以下の4曲。いずれも音源はiTunes Store。

(1)Michael J Thomas 「I Think About Amy」(2011)
マイケル・J・トーマス(サックス)が出したスマッシュヒット・シングル。ファンキーで、パワフルなブロープレイをする人。メロディとアレンジが秀逸な、何度も聴きたくなる曲。ボーカル・バージョンもある。

(2)Jonathan Fritzen「Friday Night」(2011)
ジョナサン・フリッツェン(ピアノ)の新曲。題名どおりの、ダンサブルなビートに、「わかりやすい」ピアノプレイ。これならヒットするなという曲。これも何度も聴いてしまう。今年は、ニューアルバムが出るようなので、この曲も入るだろうし、待ち遠しい。

続きを読む "スムースなシングル盤4曲"

| |

2012年1月15日 (日)

Paul Hardcastle 「Paul Hardcastle VI」(2011)

音源:CD(輸入盤)
レーベル:Trippin 'n' Rhythm Records

ポール・ハードキャッスルは、スムースジャズ系のアーティスト(キーボード兼プロデューサー)として、欧米で新作を出せばヒット間違い無しのビックネームだ。この新作も、米国のチャートを見る限り、発売以来チャート上位に長くいるし、評価も高いアルバムだ。残念ながら、あまり、というかほとんど、日本では紹介されない。この新作を含めて、過去作品も、今は、日本盤はリリースされていないようだ。iTunesでは、過去作品も買えるけれど、契約の関係なのか、この新作はまだ登場していない。

ポール・ハードキャッスルのキャリアは、80年代から始まり、イギリスや欧州を中心にヒット曲を放っている。「19」という曲は、1985年に欧米各国で大ヒットしたらしい。当時のアメリカのベトナム戦争への関与をテーマにした反戦的な曲で、オリジナルではニュースのナレーションや兵士のインタビューをコラージュして話題になった。そういったこともあり、彼の評価も欧米では定着している。

続きを読む "Paul Hardcastle 「Paul Hardcastle VI」(2011)"

| |

2012年1月 9日 (月)

Player A 「Our Own Devices」(2011)

音源:iTunes Store
レーベル:Creative Soul Jazz

「プレイヤーA」とは、ナッシュビルを拠点とするスタジオ・セッション・ミュージシャン複数のプロジェクトチームらしい。率いるはプロデューサー兼キーボード奏者、エリック・コープランドという人。この人は、レーベル「クリエイティブ・ソウル・ジャズ」の社長。このサイトを見ると、このレーベル傘下のアーティストに、このプレイヤーAに加えて、ギタリストのドリュー・デビッドソンなどがいる。ドリュー・デビッドソンの近作「Spin Cycle」は去年のチャートでも上位に入った作品で、プロデューサーがエリック・コープランドで、バックがプレイヤーAのチームによるもの。

プレイヤーA名義の作品は、6曲入りのEP「On the Side」と、初めてのフル・アルバムがこの作品。演奏は、キーボード、ベース、ギター、ドラムの4ピースバンドが基本で、サックスが入ったり、ツインギターになったりと曲によって編成が異なる。打ち込みのような音ではなく、バンドセッションの音。それも、すごくベースやギターがとてもシャープに、レゲエやファンクのリズムを8ビートで刻む。これは、やはり名うてのセッションマンだなという感じ。競演したアーティストは、バネッサ・ウイリアムス、マイケル・マクドナルド、ルーサー・バンドロス、ケニー・ロギンス、チャカ・カーン、などビックネーム多数。

続きを読む "Player A 「Our Own Devices」(2011)"

| |

2012年1月 5日 (木)

Westbound 「Gone for a Walk」(2011)

音源:iTunes Store
レーベル:Westbound

無骨な感じの青年2人のポートレートジャケットを見れば、アシッド系のジャズでもやるバンドかなと。意に反して、これがレイドバックしているというか、リズムのバイブレーションより、アンサンブルのムードを優先した都会的サウンド。

マイナーなメロディで展開するギターのアドリブはメランコリックで、バックのドラムも淡々とサポートして控えめなほど。リック・ブラウンのトランペットや、フルート、ピアノがゲストで入る曲もあるが、演奏は3ピース(ギター、ドラム/パーカッション、ベース)を基本にしたイタリアのセッションミュージシャン。

ウエストバウンドは、ギタリストのクリスチャン・ロッコと、ドラムス/パーカッションのエンリコ・カテーナの二人組。

続きを読む "Westbound 「Gone for a Walk」(2011)"

| |

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »