« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の5件の記事

2012年4月24日 (火)

Pete Gitlin 「Amplify」(2012)

ピート・ギトリン(たぶん、そう読むと思うのだが)は、かつてフォーチュン500クラスの企業で、副社長をしていたそうである。そのキャリア同様に、このギターアルバムはかなりユニークである。

1曲目の「Lucky in Love」は先行して出ていたシングルで、70年代のフュージョンのような、ブラスセクションがからむファンキーチューンで、かなり好みの演奏だった。その曲を聴いて、このアルバムを期待していたのだけれど、いろいろなスタイルの演奏がつまっていて、一言で表現できないようなユニークなギタリストだ。

M-8「Cowboys and Indians」は、タイトルそのままに、カントリー&ウェスタンだし。M−7「Across the Endless Ocean」は、フォークソングのようで、シングルトーンのギタープレイとストリングスがレトロな感じ。M-6「Reggaetown」は、ファズを効かせたエレキギターのレゲエチューン。M-2「Soul Connection」はボーカル曲で、どこかスティーリーダンのよう。

続きを読む "Pete Gitlin 「Amplify」(2012)"

| |

2012年4月22日 (日)

Peter White 「Here We Go」(2012)

ピーター・ホワイトは、「ミスター」スムース・ジャズ・ギタリストと呼びたいほどの、スムース系ジャズギタリストとしてはベスト10に入るプレイヤーである。90年代から、ほとんどブランクが無いほど毎年アルバムを発表している、安定したプレイヤーである。

イギリス出身で、プロキャリアは、シンガーソングライターのアル・スチュワートとの競演からで、彼の名作「Year of the Cat」に参加している。マット・ビアンコのメンバーであるダニー・ホワイトは、彼の弟だそうである。その関係で、メンバーだったバーシアのソロ活動を、ピーターもサポートしている。

ピーターのギターは、いわゆるガットギターで、スタイルにフラメンコ的なノートを、力強く弾くプレイヤー。メロディーメーカーとしても秀逸で、メランコリックでキャッチーな楽曲が魅力だ。

続きを読む "Peter White 「Here We Go」(2012)"

| |

2012年4月21日 (土)

Bob Baldwin「Betcha By Golly Wow : The Songs of Thom Bell」(2012)

ボブ・ボールドウィンのニュー・ディスク。トム・ベルの曲を集めたトリビュートアルバムである。

ボブ・ボールドウィンは、ニューヨークのコンテンポラリージャズピアニスト・プロデューサー。プレイスタイルは、ゴスペル・グルーブがあるのが特徴。近作もマイナーレーベルからゴスペルアルバムを出しているので、ゴスペル系リスナーにも支持されているピアニストなのだろう。スムース系の近作では、トリピン・リズム・レコードからマイケル・ジャクソンのトリビュート「Never Can Say Goodbye」(2010)を出していたので、今回はそれに続くトリビュートのプロジェクト。取り上げたのは、フィリーソウル系のヒット曲のソングライターとして有名なトム・ベル。

演奏は、ボブ・ボールドウィンのピアノやキーボードが中心だが、いろいろなアーティストを迎えてのサウンドプロダクションは、「クインシー・ジョーンズ」スタイルかな。内容は、トム・ベルのエバーグリーンメロディーを、スウィートメローに料理した、上質のアーバンコンテンポラリーアルバムになっている。

続きを読む "Bob Baldwin「Betcha By Golly Wow : The Songs of Thom Bell」(2012)"

| |

2012年4月 8日 (日)

スムースなシングル盤②


1. 「Shelby St. Bridge」は、テキサス生まれのギタリストMichael Vinceのシングル。2006年デビューのアルバムではポール・ブラウンがサポート。このシングルは、レイドバックした彼のギターを中心に、アンビエントなピアノがからむ。ポール・ハードキャッスル風のチルアウトなナンバー。

2. 「Lucky in Love」は、ギタリストPete Gitlinの、4月に出るアルバムの先行シングル。2008年にデビューアルバムを出しているだけだが、サウンドはキャッチーなスムースジャズ。ギターが前面に出るというより、ホーンセクションとのアンサンブルが印象的な、アップビートな楽しいナンバー。4月のアルバムに期待。

3. 「To Be With You」は、James Colahの6作目新作シングル。いつもの通り、いかにも西海岸という心地よいスムースサウンド。テーマメロディを、ギターとスキャットがユニゾンするアレンジは、ジョージベンソン風で、キャッチー。シングルだけでなく、アルバムを早く出して欲しい。

| |

2012年4月 7日 (土)

Patrick Yandall 「Acoustic Dreamscape」(2012)

パトリック・ヤンダルは、1994年以来13枚のアルバムを出しているギタリスト。新作は、全曲スチール弦のアコースティックギター、いわゆるアコギのアルバム。キャリアの積んだギタリストが普段のエレキからアコースティックに持ち替えて、アルバムを作るというのは、企画としては良くあるパターン。

最近も、パット・メセニーのアコギアルバム「What's It All About」が話題になったし、このパトリックもその路線かなと。パットのアルバムは、もちろん演奏はすばらしいけれど、ムードは内省的だったので、それがギタリストのアコギに持ち替えるときのコンセプトだろうと。

その予想は外れ、このパトリックのアルバムは、素晴らしくスムースで上質なコンテンポラリー・ギターアルバム。どの曲も、メロディが素晴らしくキャッチー。アコギの録音がダイナミックで、他楽器に埋もれることなく、常にメインプレイヤーに定位するミックスが素晴らしい。

続きを読む "Patrick Yandall 「Acoustic Dreamscape」(2012)"

| |

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »