« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の5件の記事

2012年5月28日 (月)

Grady Nichols 「Destinations」(2012)

グラディ・ニコルスのニューアルバム。ファンキーな一曲目の「London Baby」から始まる全12曲は、アダルトオリエンテッドなポップ・ロックなアルバムだ。音作りというかオーケストレーションが緻密で、ウェルプロディースされているというか、クオリティの高いスムースジャズアルバムだ。

1曲目のファンキーなバイブレーションに匹敵するのが、M−3「You Know Me」で、あのシカゴのビル・チャップリンが客演していて、サウンドがイーグルスの「One of These Nights」のような、黒いウェストコースト・ロックっぽいメロディーとビートが印象的な曲。フロントで吹きまくるニコルスのサックスがしぶい。

M-11「You With Me」はベストトラック。アーバンなメロディーを吹くニコルスのサックスはめいっぱいメローだし、最後に出てくるジェフ・ローバーのアコースティックピアノのアドリブがジャージーな佳曲。ニコルスのサックスは、どこかデイビッド・サンボーンを感じるところがあるけれど、M-10「Coming Home」のミディアムバラードが盛り上がる楽曲では、誰かに似ていようが、いいプレイだなと伝わってくるんだから、これはグッドミュージックなんだ。

| |

2012年5月27日 (日)

Michael J. Parlett 「Keep It Movin'」(2012)

サックス奏者マイケル・J・パレットは、キーボード奏者のジェイム・コラーと組んだプロジェクトで、シングルを3作発表している。「Ocean Tide」(2009)、「Blissful」(2010)、「Moment In Time」(2011)。モダンジャズの西海岸ジャズにならって、さしずめ、西海岸スムースジャズといったサウンドで、カラッと明るいサウンドに溶け込むパレットのサックスが壮快な3曲だった。パレットの個人名義で、モータウンサウンドのオマージュのような「Motown Jammin'」(2011)というシングルもリリースしている。このアルバムは、先行した4作の全シングルも含むニューアルバム。

マイケル・パレットという人は、イギリス出身で、プレイヤーとしてのキャリアはかなりベテランだ。80年代から、ロックやポップス系のメジャーアーティストのバックに参加していて、シンプリー・レッド、テイク・ザット、ロイ・エアーズなどの共演をしている。2006年にロサンゼルスに移って、ジェフリー・オズボーン、ランディ・クロフォードといったアーティストと共演、今もロスを拠点に活動している。

続きを読む "Michael J. Parlett 「Keep It Movin'」(2012)"

| |

2012年5月26日 (土)

スムースなシングル盤③

1) 「エレメンツ」という、初めて聴くグループのデビューシングル「Love Light」(2012)。ベース、キーボード、ドラム、サックスの4人組のバンド。この曲は80年代のR&Bの「のり」というかビートがかっこいい佳曲。どこか荒削りなサウンドで、クロスオーバーのクルセーダースやスタッフをちょっと感じさせるグルーブのあるサウンド。フルアルバムが期待できるバンド。

2)ベースプレイヤーのジェイソン・スミスのソロシングル「Blue Moon」(2012)。エレキベースの奏でるリードメロディーがスウィート&メローで美しい。夏のリゾートを思わせるアレンジメントとサウンドプロダクションは、まさにアダルトなスムースジャズの定番という感じ。後半に出てくるチョッパー奏法のメロディーが耳に残る。夏にピッタリなスムース・チューン。

3)サックスマン、ウィル・ドネートが「のりのり」で吹きまくる「Grand Slam」(2012)。なんたって題名は、野球で「満塁ホームラン」だから、ホーンセクションのフロントで、ガツンと吹き捲くるサックスが壮快だ。プロデューサーは、ギタリストのスティーブ・オリバー。このウィル・ドネートはスティーブのアルバムでも吹いていたっけ。「Radio Edit」となっている3分程度のシングルバージョンだけれど、ぜひもっと長いバージョンで聴きたい。元気が出ること間違い無しのパワーチューン。

| |

2012年5月19日 (土)

Steve Oliver 「World Citizen」(2012)

スティーブ・オリバーの前作「Global Kiss」(2010)は、ロングランヒットになったアルバムで、表題曲はビルボードのジャズチャートに18週間チャートインしていた。日本ではほとんど話題にならなかったし、今でもスティーブ・オリバーというギタリストもほとんど無名だ。

そもそもスムースジャズ系のアーティスト自体が、日本で取り上げられることはないのだが。CDが売れない時代なので、彼の作品も発売されないし、よって作品もラジオでエアプレイされることもない。そういったアーティストでも、今はネットで聴く事が出来るので、いい時代だなと思うが、一方で、日本のポピュラー音楽ジャーナリズムやマスコミから接する音楽は、いつも画一的でリスナーへ選択肢を提供していないということだ。ジャズといえば、50年代や60年代のモダンジャズ信仰が幅を効かせているのは、今のコンテンポラリージャズやミュージックを真面目に発信してくれるマスコミが皆無だからだ。

続きを読む "Steve Oliver 「World Citizen」(2012)"

| |

2012年5月 4日 (金)

Funkee Boy「Philosoulphy」(2012)

名前がファンキー・ボーイで、そのまんまで、なんか軽いなあというアーティストネーム。本名はボビー・タマロという人で、フロリダ在住、作編曲をするキーボードプレイヤー。プロデュースもしているらしい。ソロ名義の作品はこれが2作目。

この新作は、80年代のソウルやR&B路線の、どこかで聴いたことのあるメロディーやリズムの連続。サウンドも、なんとなくレトロで、「B級」という感じなんだけれど、これが不思議と繰り返し聴いてしまう。M-1「All Up In It」やM-10「Philosoulphy」は、奥深さの無い、B級っぽさがいい、文字通りのファンキーチューン。

M-5「In the Moment」や、M-6「Bliss」は、スムースジャズの典型的な「のり」が安心できるし。エラン・トロットマン客演のソプラノサックスがケニーGっぽいM-12「Just Because」は、超美メロディーのバラードで、なかなかいい曲。アコースティックピアノと、サックス(ビンセント・インガラ)がからむミディアムテンポのM-7「Into You」は爽やかなスムースジャズチューンで、ベストトラック。4曲のボーカルトラックは、ちょっと好みでないので、外してシャッフルすると、けっこういいアルバム。

| |

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »