« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の5件の記事

2012年6月26日 (火)

Mezzoforte 「Islands」(2012)

メゾフォルテといえば大ヒットした「Garden Party」。ほぼ30年も前の曲だけれど、フュージョンの名曲である。

そのメゾフォルテの35周年を迎えての新作である。結成時からのオリジナルメンバー4人がいまだに中核でやっているのも驚き。アイスランドのバンドだからということではないけれど、この新作の「クール」なビート感覚がたまらない。こういうフュージョンバンドが最近は少なくなったしまったので、このメゾフォルテを聴くとうれしくなってしまう。個人的に「好み」のバンドである。

今回の新作は、全曲通してドラムスとベースの忠実に刻まれるビートがなんとも心地いい。そのビートに酔うだけでもこのアルバムは大正解。おそらくダビングはほぼ無い、一発撮りのようなライブなアンサンブルも聴きもの。

M-1「Angel Town」はイントロから、あのフュージョンの名バンド「スタッフ」を思い起こすバイブレーション。M-2「Suitecase」は、ドラムのスカっぽいリズムが疾走する上に、アコースティックピアノがからみ、ホーンアンサンブル、ギターと次々とかぶさっていく展開が、なんともクールな佳曲。

M-4「Funkky Homer」も、8ビートでアタックするドラムが重厚で、ギターやホーンがファンキーで、コンテンポラリージャズの最先端の演奏。タイトル曲で最後の「Islands」は、テーマメロディが印象的なスローバラード。ホーンセクションでこういったスロー曲をやられるとガツンとやられるなあ。

| |

2012年6月18日 (月)

Gary Honor 「Heads & Tales」(2012)

最近お気に入りのヘビーローテションのアルバム。コンテンポラリーでポップだし、骨太なジャズのバイブレーションも感じる、本流のスムーズジャズアルバム。

ゲリー・オナーはオーストラリア出身のサックスマン。彼は過去にマイナーから何枚かソロアルバムを出しているようだが、これはメジャーのトリピン・リズム・レコードと契約しての第1作。13の楽曲がどれもキャッチーで粒揃い。サウンドのプロダクションも、ブラスを中心としたアレンジが厚めで疾走感がある。

ゲリーは、サックスとフルートを吹くが、フレーズはAORのボーカリストのようなトーンで透明感があって心地よい。曲とプロデュースの共作は、同じレーベルのキーボード奏者のオリ・シルク。シルクの幾つかのアルバムセッションに、ゲリーはサポートアーティストとして参加している。このゲリーのアルバムのポップス的なところとか、フュージョン的なアレンジは、シルクのカラーだろう。

タイトルチューンM-1「Heads & Tales」は、リードメロディーがキャッチーで、ゲリーのサックスが歌っているようなアダルトオリエンテッドチューン。シルクのアコースティックピアノで始まるM-10「Leave Behind Tomorrow」は、スウィートバラード。ゲリーの「泣き」のフレーズがぐぐっとくる。

M-12「Cor Blimey」は、ブラスアンサンブルがヒップに疾走して、フロントで吹きまくるシルクのスピード感がたまらない。M-4「Southern Exposure」は、フルートのフレーズがヒーリングなミディアムバラード。ラストのM-13「Dreamweaver」は、全編を貫くフルートの躍動的なインプロビゼーションが感動もので、ジャズマンの本領発揮というところか。これから注目のアーティスト。

| |

2012年6月17日 (日)

Chris Botti 「Impressions」(2012)

クリス・ボッティは、もちろん日本でも人気のアーティスト。でもその人気の度合いは米国の比ではない。端正なハンサムだから、俳優としても活躍しているようで、この2枚目ぶりが人気に拍車をかけている。ピープル誌で、「世界で最も美しい50人」に選ばれたこともあるそう。トランペッターとしても、出すアルバムはいつも大ヒットするし、ヨーヨーマやスティングといったジャンルを超えたアーティストとも共演している。

この最新作は、「印象派」のタイトル通り、ビートではなくムードのある楽曲のセレクション。オーケストレーションやコーラスをバックに、クリスのトランペットがムーディーに「歌いあげる」アムバムだ。「豪華ゲスト」が参加していて、アンドレア・ボチェッリ、ハービー・ハンコック、ヴィンス・ギル、マーク・ノップラーなど、いろいろなジャンルのオールスター。

マーク・ノップラーのギターとボーカルの「What A Wonderful World」や、ヴィンス・ギルが歌う「Losing You」などもそれはそれで良質なトラックだけれど、ゲストは無い8曲のほうにこのアルバムの魅力がある。

M-1はショパンの「Prelude No.20 in C Minor」、M-3はアランフェス協奏曲「En Aranjuez Con Tu Amor」。いずれもフルオーケストレーションをバックにしたクリスのトラッペットは美しくドラマチックだし、M-4「You Are Not Alone」、M-7「Septembero」は、ギター演奏がサポートするバラードで、クリスのプレイはやさしくスウィートだ。

M-10「Summertime」、M-12「Over The Rainbow」は、ストリングスがゴージャズで上質なイージーリスニング。方向性としては、ニニ・ロッソと言えなくもない。クリスの吹くフレーズには、「マイルス」が見え隠れするのは気のせいかな。

| |

2012年6月16日 (土)

スムースなシングル盤④


デイヴィッド・サンボーンの最新シングルはライブ音源の「Cicago Song」(2012)。サンボーンのサックスがワイルドに炸裂する。この曲は、「A Change of Heart」(1987)に入っていた彼の代表曲。サンボーン自身が、近年のライブ音源から選んだベストな内容だということで、バンドのアンサンブルも完璧に決まっているし、のりのりのサンボーン「節」がのっけから聴けるけど、この1曲じゃかえって「消化不良」。全米でツアーをやっているようで、このシングルもそのプロモーションだろう。次のアルバムは、そのツアーからのライブのフルアルバムを期待したい。サンボーンはもう60代半ばのはずなのに、サックスの「泣き」は円熟度を増して、かつエネルギッシュなプレイに脱帽。

フィル・デニーというサックスマンのシングル「Sway Back」(2010)は、ワンツーワンツーのゆったりしたリズムに乗ったキャッチーなメロディー。さらりと吹くサックスのフレーズが都会的な佳曲。

ユー・ナムの「Love X Love」(2012)は、ジョージ・ベンソンの同名オリジナル曲(1980)のインストカバー。オリジナルより、ソウルフルでファンキーなギター。ベンソンより若いバイブレーションが発揮されていて、かっこいい。

| |

2012年6月 9日 (土)

Toots Thielemans 「90 Yrs.」(2012)

トゥーツ・シールマンス、1922年生まれの90歳である。90歳を祝して「90年」と題された最新のライブアルバム。バックサポートは、カレル・ボエリー(p)、ヘイン・ヴァン・ダヘイン(b)、 ハンス・ヴァン・オーシュタハウトゥ(ds)のトリオ。カレルのトリオの、リリカルで透明感のある演奏は聴きものなのだが、やっぱり主役はトゥーツで、「わき役」に徹したようなトリオの演奏が奥ゆかしくて、お互いのインタープレイがほほえましい。

トゥーツのハーモニカは、いつも通り、こころに沁みるというのか、時に童謡のしらべのような音選びにうっとりしてしまう。クロマチックハーモニカ特有のレバーを使った半階音の「ひねり方」がこの人の演奏の魅力。このライブでも随所にそれが出てきて、その嫌みの無いクロマチックの使い方に、ググッとくるのだから、90歳の演奏なんてとても思えない。

M-10「I Do It For Your Love」はポールサイモンの名曲を演奏した、曲調にふさわしいコンテンポラリーでスムースな演奏。曲は1975年のポールの名盤「Still Crazy After All These Years」に入っていたラブソング。ちなみに、同じアルバムの「Night Game」という曲では、客演したトゥーツのハーモニカが光っていたっけ。

M-7「What A Wonderful World」は、サッチモの名曲で、トゥーツの奏でるあのメロディが美しい。M-6「In Your Own Sweet Way」はデーブ・ブルーベックの曲、正統的なジャズのインタープレイが聴ける。M-4「Wave」M−8「One Note Samba」はアントニオ・カルロス・ジョビンの名曲、ボサノバリズムにハーモニカは軽やかで、しぶい。

90歳を超えて、この人の演奏は、てらいの無い、ピュアな音色というのか、ハートフルというのか。なんだか心が温かくなる演奏。「100 Yrs」のライブアルバム、出してほしいなあ。

| |

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »