« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の5件の記事

2013年1月28日 (月)

Kool & Klean 「Volume IV」(2013)

「クール・アンド・クリーン」は、ウクライナ出身のサックス奏者コンスタンティン・クラストル二のプロジェクト・アルバム。2010年の「Volume I」から数えて、この新作が4作目。そのスタイルは、ポール・ハードキャッスルを彷彿とする。ジャンル分けするなら、チルアウトなムード・ミュージックというところか。

このプロジェクトは、彼のサックスが必ずしも主役ではなく、プロデューサーとしてトータルなサウンドデザインがコンセプト。この新作も、シンセ、サックス、ギター、アコピ、打ち込みドラム等が、平均的にミックスされて、不思議な浮遊感とヒーリングムードに溢れている。

全11曲、特にハイライトなトラックがあるという訳でもなく、同じムードで淡々と流れていく。その音世界は、終始メローで、耳をそばだてることもなく、空気的でさえある。こういうタイプの音楽は、イージーリスニングと称されて残念ながら評価されにくい。でも、リラックスしたい時にはうってつけのグッド・ミュージック。

| |

2013年1月20日 (日)

Robbie Dupree 「Arc of a Romance」(2012)

ロビー・デュプリーの新作、5曲入りEP(内1曲はバージョン違い)。ロビーは、AOR系のシンガー・ソングライター。1980年のヒット作「Steal Away(ふたりだけの夜)」はAORファンにとっては忘れられない、エバーグリーンな名作。2010年のアルバム「Time and Tide」は7年ぶりの作品だった。

この新作は、「ラブソング」のカバー集。もう66才なのに、80年代と変わらずの繊細で、シブさも加わった唄声。「I Only Have Eyes For You」は、言わずと知れたフラミンゴスの名曲のカバーで、このアルバムのハイライト。アート・ガーファンクルのカバーが有名だけれど、ロビーは、過ぎるほどのゆったりとしたテンポで、なんとも言えない甘美なムードがググッとくる。

他3曲も、シブい選曲で、隠れた名曲のカバー。「For The Love of You」は、アイズレー・ブラザースの1975年「The Heat Is On」から。「We Let the Stars Go」は、イギリスのポップ・バンド、プリファブ・スプラウトの曲で、1990年の名作「Jordan:The Comeback」から。「Coronation Street」は、マーク・ジョーダンの「Reckless Valentine」(1993)の中の曲。

続きを読む "Robbie Dupree 「Arc of a Romance」(2012)"

| |

2013年1月14日 (月)

『レッキング・クルーのいい仕事』ケント・ハートマン著

彼らは「レッキング・クルー」と呼ばれた、いわゆるスタジオ・ミュージシャンの覆面チームだった。60年代から70年代に、ヒット・チャートを席巻した名曲の数々は、実際は彼らが演奏をしていた。

この本は、当時のヒット曲の裏側を、ミュージシャンが誰だったかという単なる事実の暴露ではなく、それぞれのプレイヤーの人生が語られる。登場するのは、ビーチ・ボーイズ、ママス&パパス、フィル・スペクター、ジム・ウェッブ、ソニー&シェール、フィフス・ディメンション、グレン・キャンベル、モンキーズなどなど、彼らの名曲が生まれたストーリーが、演奏を支えたスタジオミュージシャンを中心に語られる。

例えば、モンキーズの各曲は本人たちの演奏では無いということも、また、フィル・スペクターが名うてのスタジオミュージシャンをオーケストラのように使っていたのも、それぞれは周知の事実だし、バック・ミュージシャンに、ラリー・ネクテル、ハル・ブレイン、ジョー・オズボーン、などのプレイヤー名を、クレジットで見つければ「品質保証」だった。でも、それ以上のストーリーは語られることは無かったから、この本が彼らにスポットを与えただけでも興味深い。

続きを読む "『レッキング・クルーのいい仕事』ケント・ハートマン著"

| |

2013年1月 5日 (土)

James Saxsmo Gates 「Gates Wide Open」(2013)

1曲目「This Day Belongs to Me」は、スムースでコンテンポラリーなトラック。サックスはスウィートで、グローバー・ワシントン・ジュニアか、と思わせて始まるジェイム・サックスモ・ゲイツの3枚目のソロアルバム。

ジェイムスは、アートブレイキー、ジェフ・ローバー、ラリー・カールトンなど共演経験があり、ジャズのテクニックは本格派。ノース・カロライナ・セントラル大学(NCCU)で、ジャズ研究で学士を取っている。そのあたりは、このアルバム13曲目で、チックコリアの「Spain」を、NCUUの学友とビックバンドのジャズアレンジで証明してくれる。

とは言え、彼のサックスは、さらに情熱的で、ソウルフルでリズム・アンド・ブルースな骨太の音色が魅力。先行してシングルで出した「Detailed」もそんな魅力のトラックだったけれど、マイケル・ジャクソンの「Unbreakable」(「Invincible」の1曲)のカバーも、マイケルのボーカルに負けずヒップなサックスがソウルフルなベストトラック。

続きを読む "James Saxsmo Gates 「Gates Wide Open」(2013)"

| |

2013年1月 4日 (金)

Karizma「Perfect Harmony」(2012)

カリズマは、キーボード奏者デビッド・ガーフィールドが中心のプロジェクト・バンド。ロサンジェルスを基点としたフュージョンスタイルのインストバンドで、活動の始まりは1975年に遡る。以来、デビットを中心としたカリズマの参加メンバーは、80年代から今に至るまで、フュージョンに留まらず、ウェストコーストのロックからAORやポップスに、直接的、間接的にも、大きな影響を与えたと言っても過言ではない。

LA音楽シーンのファンなら、過去カリズマに参加したミュージシャンの名前を聞いただけで感嘆を上げる。トム・スコット、アーニー・ワッツ、ニール・ラーセン、スティーブ・ルカサー、ネーザン・イースト、ジミー・ジョンソン、フィル・ペリー、ジェフ・ポーカロ、デビッド・ペイチ、ジョージ・ベンソンなどなど書ききれない。

特に、デビッドと、スティーブ・ルカサーやジェフ・ポーカロ、TOTOメンバーとの関係は深い。デビッド・ガーフィールドはスティープ・ルカサーと、ロスロボトミーズという、カリズマのプログレ版のようなバンドも組んでいる。ジェフ・ポーカロは言わずと知れた、TOTOの名ドラマーで、1992年に38歳という若さで他界。そのジェフ・ポーカロに捧げて、スティーブは1997年にソロ作品「Tribute to Jeff」を作っている。

続きを読む "Karizma「Perfect Harmony」(2012)"

| |

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »