« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の6件の記事

2013年2月23日 (土)

Paul Hardcastle 「Paul Hardcastle 7」(2013)

ナイアガラの滝かもしれない、沈むのか昇るのか、太陽が眩しい。LPなら間違いなくジャケ買い。ポール・ハードキャッスルの新作。ポールのシンセが生み出す音楽世界は、まるで喧噪からのエクソダス。ミニマルリズムにかぶさる音のコラージュは万華鏡のよう。この新作は、未来的なシンセの音世界に、対照的にフューチャーされる、人間的なサックスの「音」。

すでにビルボードでチャートインしている、「No Stress (At All)」は、クール&ザ・ギャングの「Summer Madness」(1974)というインスト曲をイントロにサンプリングした曲で、サックスがフューチャーされたクールなダンサブルチューン。

サックスを吹いているのは、ロック・ヘンドリックスという人で、前作「ハードキャッスル6」でもほとんどの曲でサックスを吹いていた。彼は、ハワイに住んでいて、セシリア・アンド・カポーノ他のハワイのアーティストと共演しているサックス奏者。ゴリゴリ吹くようなタイプでなく、メローなブローがなかなかの魅力。このアルバムのクレジットを入手していないので、どの曲で吹いているか分からないのだけれど、同様にサックスがフューチャーされた曲がほとんどで、想像するに彼が吹いているのだろう。

続きを読む "Paul Hardcastle 「Paul Hardcastle 7」(2013)"

| |

2013年2月18日 (月)

Andreas Aleman「It's the journey」(2012)

アンドレアス・オールマン、彼はスウェーデンはストックホルム生まれのソングライターでありシンガー。この新作CDから飛び出してくるソウルフルな彼の唄声とビートを聴いて、これがストックホルム発と知り、なんとも驚き。唄声はマイケル・マクドナルドを彷彿とさせて、サウンドはウエストコーストそのままで、ファンキーなグルーブに、ググッとくる。

この作品は、デビュー作「This is Life」(2008)に続く2作目。全10曲をセルフプロデュースしていて、1曲以外は自作曲(共作)。

「Power」や「Keep on keepin' funky」は、タワー・オブ・パワーのノリで、ブラスセクションを従えた彼のソウルフルな唄声がかっこいい。「If it's a dream」や「When it happens」の、TOTOばりのサウンドにニンマリ。

続きを読む "Andreas Aleman「It's the journey」(2012)"

| |

2013年2月17日 (日)

日本のジャズとラジオとジャズ喫茶「あの頃」を読む三冊

音楽評論家・相倉久人さん著「至高のジャズ全史」(集英社新書)は、日本のジャズ黎明期を、証人ならではの視点で語る。それはまるで格闘技のように、ジャズと闘うプレイヤーたち。著者の切り口は鋭くナイフのようで、まるでジャズのアドリブ。日本のジャズが、イデオロギーであり、熱狂であった時代。

続きを読む "日本のジャズとラジオとジャズ喫茶「あの頃」を読む三冊"

| |

2013年2月16日 (土)

Duncan Millar 「Fresh Air」(2013)

UK出身のキーボードプレイヤー、ダンカン・ミラーの超クールなミュージック。アメリカのスムースジャズとは違う。アシッド・ジャズの香り、ビートよりムード、レイド・バックな脱力系、ダンス・クラブのグルーブ。

この人、ダンカン・ミラーは、80年代からUKのポップ・シーンで、幾つかのバンドへの参加やプロデュースをしたり、セッション・プレイヤーとしても活躍。スムースジャズ系のソロ作品は、「Dream Your Dream」(1998)、「Good to Go」(2001)、「Comin' Thru」(2002)にさかのぼるので、しばらくぶりの新作。

ピアノが主役だけれど、ユニークなのは、アコースティック・ピアノに加えてフェンダー・ローズやエレキ・ピアノが、縦横に交差する演奏。このエレキ・ピアノの音が、何となく、レトロで、ムーディなのだ。

続きを読む "Duncan Millar 「Fresh Air」(2013)"

| |

2013年2月 9日 (土)

スムースなシングル盤 ⑧

3曲とも、ポップで、エイトビートのノリにググッとくる、飛び切りスムースな曲。

ニューヨーク出身で、ポストンのバークレー音楽カレッジ出身のギタリスト、"JJ"サンサベリーノ。レゲエ歌手マキシ・プリーストのツアー・リード・ギタリストも務めたらしい。2005年にソロアルバム「Sunshine After Midnight」をリリース。新曲「Gravy Train」は、ソフトファンクと言ったらいいのか、シングルトーンで小気味良く響くギターがかっこいい。疾走感が、題名のトレイン(汽車)をイメージさせると思っていたら、Gravy Trainとは、辞書で引いたら、俗語で「もうけ話」のことらしい。うーん、なかなか意味深。

続きを読む "スムースなシングル盤 ⑧"

| |

2013年2月 2日 (土)

Dave Koz 「Live At The Blue Note Tokyo」(2012)

今年のグラミー賞にノミネートされているデイブ・コーズのライブ盤。これが、ちょっと感動ものの内容。

2011年9月に、ブルーノートトーキョーで行われた公演のレコーディング。日本人のオーディエンスを前に、デイブが「コンバンワー!トウキョウ!ゲンキデスカー!」に始まり、「アリガトーゴザイマース!」日本語のかけ声を連発。「この曲を(日本の)みんなに捧げたい。半年前(の東日本大震災)に君たちは世界に感動を見せてくれたよね。」と「It's Always Been You」のバラードを始めるんだから、うるっ。という訳で、日本のデイブのファン、スムースジャズファンにとって、彼の初めてのライブ盤を日本での録音でリリースしてくれるのは光栄なこと。

それにも増して、音楽的内容がすばらしい。全12曲を通して、ライブならではの疾走感と、名うてのリズムセクションと生み出すグルーブに、ググッと感動間違い無し。何より、デイブのサックスプレイヤーとしての力量と、オーディエンスを盛り上げるエンターテイナーシップが、びんびんと伝わってくる。

続きを読む "Dave Koz 「Live At The Blue Note Tokyo」(2012)"

| |

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »