« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の7件の記事

2013年4月28日 (日)

Martin Taylor & Tommy Emmanuel 「The Colonel & The Governor」(2013)

トミー・エマニュエルは、オーストラリアのギタリスト。彼の技巧は、チェット・アトキンスをして、最高のギタリストとして評され、チェットから「Certified Guitar Player」(c.g.p.)の称号を授かった、オーストラリアを代表する英雄的ギタリスト。音楽活動は、1979年のデビューアルバムから20作以上のアルバムを出している。

かたや、マーティン・テイラーはイギリスのギタリスト。ステファン・グラッペリとの共演から始まり、チェット・アトキンスやデイビット・グリスマンなど共演して、1981年以来ソロ作品は30作品近くにおよぶ。彼も、イギリスで功績のある文化人や芸能人に与えられる大英帝国勲章、MBE(Member of the Most Excellent Order of the British Empire)を受けていて、名前の後にその略称を付けられる。

という訳で、ジャケットに記された2人の名前の後の省略記号は、それぞれの称号を表してる。勲章の「プライド」を見せつけるような、胸を張ったようなポートレートに、アルバムタイトルも「The Colonel & The Governor(大佐と総督)」と大仰。

続きを読む "Martin Taylor & Tommy Emmanuel 「The Colonel & The Governor」(2013)"

| |

2013年4月20日 (土)

Bluey 「Leap of Faith」(2013)

インコグニートが、以前のアルバム「Transatlantic RPM」(2010)で、ボズ・スキャッグスの「Low Down」をカバーしてくれたのには思わず小躍りしてしまった。ボーカルのマリオ・ビオンディとチャカ・カーンの組み合わせも、驚きだったし、ボズのオリジナルをさらにパワーアップしたカバーの名演だった。

インコグニートは、結成30年を超えるイギリスのバンド。形容詞に、「アシッドジャズ」や「ファンクジャズ」が付くバンドだけれど、それは初期のイメージだと思う。ずっと聴き続けている訳ではないので、彼らの変遷については、熱烈なファンに譲りたい。いまのインコグニートは、前述の「Low Down」が好例で、R&Bやソウルをベースにした、痛快なダンシングビートのバンドだ。

そのインコグニートの結成時からの中心人物、ジャンポール“ブルーイ“モーニックのソロ・アルバムが、これ。30年超で初めての彼のソロ作品であり、彼が全曲リードボーカルを担当したのも注目の作品。彼のボーカルは、正直言って、強いインパクトには欠けるけれど、自然体で、いぶし銀のような低音の唄声が、なんともかっこいい。

続きを読む "Bluey 「Leap of Faith」(2013)"

| |

2013年4月13日 (土)

Jeanette Harris 「Summer Rain」(2013)

スムースジャズ系の女性プレイヤー、最近気になります(もちろん音楽的にです)。過去レビューした中から、そして「旬」で活躍中の人を、思いつくまま独断であげてみます。(「ベスト」ではありません。)

シンディ・ブラッドリー(トランペット)、②ジェシーJ(サックス)、③ミンディ・アベール(サックス)、④ポーラ・アサートン(サックス)、⑤キャンディー・ダルファー(サックス)、⑥エリザベス・ミス(ソプラノサックス)、⑦タル・ウィルケンフィルド(ベース)、⑧パメラ・ウィリアムス(サックス)、⑨レーガン・ホワイトサイド(フルート)、⑩ブリットニー・パイバ(ウクレレ)、まだまだいますが、この人、ジャネット・ハリスも注目です。

彼女の4作目になる新作は、スウィートソウルなベスト級の好盤。「胸キュン」のスウィートソウルが好きなリスナーなら絶対気に入るはず。何しろ、あのルーサー・バンドロスの名曲「Here & Now」をカバーしている、ということだけでもその路線が分かるはず。その「Here & Now」の演奏は、原曲メロディーをていねいに吹き上げるジャネットのサックスに、あのルーサーの唄声が聴こえるようで、ちょっと感動です。

続きを読む "Jeanette Harris 「Summer Rain」(2013)"

| |

2013年4月 7日 (日)

Greg Chambers 「After Hours」(2013)

ポートレートからして、シンフォニーのサックス奏者の風貌で、なんかクラッシックのジャケットみたい。さにあらず、ストレートなスムースジャズの好盤で、ここしばらくヘビロテのアルバムである。

サックス奏者グレック・チェンバースのソロ3作目。グレッグのバックグラウンドはクラッシック音楽。UCLAの音楽専科を卒業後、クラッシックのサックス奏者として活躍していた。ジャケットのイメージは、やっぱりそのままなのかな。

この作品の中身は、都会的なムードたっぷりで、音をていねいにつむぐようなグレッグのサックスの音色を堪能できる。ゲストはビックプレイヤーで、ギターのポール・ブラウン、ピアノのジョナサン・フリッツエン、ミックスにはダーレン・ラーンのクレジットも!

タイトル曲「After Hours」は、ジョナサンのピアノが参加した、ミディアムバラードの佳曲。都会的なサックスと、音色ですぐわかってしまうジョナサンのピアノ、いまのスムースジャズのヒットチューンの王道を行くようなナイストラック。

続きを読む "Greg Chambers 「After Hours」(2013)"

| |

2013年4月 6日 (土)

「Paul Hardcastle 7」のレビュー訂正します。

ポール・ハードキャッスルの「Paul Hardcastle 7」のレビューの中で、「No Stress (At All)」は、クール&ザ・ギャングの「Summer Madness」をサンプリングしていると述べましたが、間違いでした。同曲にインスパイアされて作られた曲で、ポール自身がそうコメントしているそうです。洋楽のソムリエさんのサイトで、教えていただきました。読んでいただいた方に、間違ってごめんなさい!洋楽のソムリエさん、ありがとうございました!

| |

Freeze Frame 「Best in Life」(2013)

初めて聴いたのだけれど、フリーズ・フレームという「バンド」の新作EP。同名義バンドのアルバムは、1989年から10作ほど出ているので、懇意のリスナーも多いのだと思う。過去作については分からないけれど、この5曲入りミニアルバム、なかなかいい。

透明感のある演奏は、ヨーロッパ的。そう、例えばジャズのECMの持っている透明な「音」感を思い出す。ドラムスの機械的なミニマルビートが印象的で、テクノ風(古いかな、今ならエレクトロ?)。からむアコースティックピアノがニューミュージック風。

調べてみたら、フリーズ・フレームというのは、キーボード奏者レイ・バッハという人のプロジェクトバンドで、曲は彼が作り、多数のサポートプレイヤーが参加する。今作の参加プレイヤーは、トム・ファーマー(サックス)、ペトラ・ラースマン(サックス、女性!)、リッキー・ガルシア(ギター)など。

「The Pulse Of '13」や「Day of Sun」は、イントロからドラムビートと、シンセがからむ、ちょっと未来的でクールな楽曲。なんかYMO的だなあ、どうりでドラムは高橋幸宏的。「With Greetings from Greece」は、シンセの導入や、ソプラノサックスとアコピのインタープレイがドラマチックでベストトラックだと思う。

残念ながら、5曲のメロディーが似ているので、もっとキャッチーなメロディーの楽曲があれば、「ヒット」するはず。演奏と音は、超クールです。ジャケット写真もクール、「ジャケット賞」(無いけど)候補にしたい。

| |

2013年4月 1日 (月)

スムースなシングル盤 ⑨

いずれも、ゆったりしたムードに浸れる新作シングル3枚。ジョー・リーダーのシングルは、ジャズスタンダードのバラード「For All We Know」。バレンタインデーにリリースした、ロマンティック路線「泣き」が満開のソプラノサックスにうっとりするはず。

続きを読む "スムースなシングル盤 ⑨"

| |

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »