« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の6件の記事

2013年5月28日 (火)

Chieli Minucci & Special EFX「Genesis」(2013)

スペシャルEFXは、デビューは80年代に遡るフュージョンバンドで、現在は、オリジナルメンバーである、ギタリストのキエリ・ミヌッチの事実上のソロプロジェクト。老舗フュージョンバンドといえば、イエロージャケッツ、リッピングトンズ、などがいるけれど、それぞれメンバーの変動があっても、いずれも現役で「今」も音が聴けるというのはうれしい限り。

スペシャルEFXは、キエリのギターが作り出す「音楽性」のショウケースで、ストーリー性を持ち込んだかのようなドラマチックな編曲が妙のプロジェクト。3年ぶりのこの新作も、全12曲の多彩な曲を集めた秀作。キエリのギターは、エコーを聴かせたドリーミーなトーンや、流れるようなパッセージで、ジャズスタイルからプログレ、ヒーリングのような演奏まで多彩で、ギターキッズは必聴のギタリスト。

続きを読む "Chieli Minucci & Special EFX「Genesis」(2013)"

| |

2013年5月27日 (月)

Cal Harris Jr. 「Shelter Island」(2013)

先行してリリースされていた「Smooth」を含む、キーボード奏者カル・ハリス・ジュニアの新作フルアルバム。スムース&メローな雰囲気に貫かれた内容。聴き方次第で、ニューエイジやヒーリングミュージックの路線でもあり、そういったジャンルが好きなリスナーにも推薦したい。とは言え、聴き込めば、スムースジャズとして秀逸なアルバム。

このカル・ハリス・ジュニアという人、ただならない才能の持ち主。彼の弾くピアノやフェンダーは、ブライアン・シンプソンを継承する正当派のスタイルで好感度抜群。メロディーは、単なるチルアウト的な典型ではない、メローでメランコリックがなんとも美しい。サウンドも、それぞれの楽器が流れるように均整の取れたアレンジで構成されていて、一つ一つの音が聴き込む度に、際立って新鮮。

続きを読む "Cal Harris Jr. 「Shelter Island」(2013)"

| |

2013年5月19日 (日)

ZOE 「Unstoppable」(2013)

バンド名の「ZOE」は、「ゾー・エイ」と発音するようだ。5人組で、サックスとトランペットの2管にキーボード、ドラムス、ベースという編成のバンド。出身と活動はフィラデルフィア、というから、まさにフィリーサウンドを継承するスムースジャズバンド。結成は2001年で、いままで「Long Time」(2001)、「Heaven Bound」(2004)、「Let's Fly」(2009)、の3作品をリリースしている。そしてこの「Unstoppable」が最新作品。

このアルバム、まさに題名通り、「止まらない」全18曲の力作。6曲は各1分足らずの間奏的な曲で、12曲がフルトラックで、それぞれ各6分におよぶ演奏。レコードなら2枚分はありそうなボリュームなので、正直言って、アルバム全部はちょっと長くて、聞き通しても盛り上がりに欠けるのは否めない。パーティーバンドを聴いているような趣があって、オンビートの曲から、トーチソングのバラードまで、多様な演奏が出てくるのは、まさにリゾート地でディナーやバーで、耳を傾けたり、踊ったりと、そんなシチュエーションが思い浮かぶ。

続きを読む "ZOE 「Unstoppable」(2013)"

| |

2013年5月11日 (土)

Boney James 「The Beat」(2013)

ボニー・ジェイムスの新作「The Beat」。タイトルは、収録されているセルジオ・メンデスとブラジル66の「Batucada(The Beat)」のカバー曲から。このトラックは名演奏で、このアルバムのハイライト。セルジオ・メンデスを取り上げるというは、ボニーのブラジルミュージックへのリスペクトなのかな。

カバーの演奏は、ゲストのリック・ブラウンのトランペットと、ボニーのテナーのフロント2管が、ユニゾンしたり、ハモったり、チェイスし合ったりのノリが聴きもの。リックのトランペットはシャープで、ハーブ・アルパートの「ライズ」を思い出させる。ボニーのブロウも、負けるかって感じで、情熱的で、2管の絡みはぞくっとくる。リズムセクションのアタックも、ズシンと重量級で、タイトル通りのビートな演奏。

この曲以外も、このアルバムはオン・ビートがテーマと思いきや、反して、バラードやスローな曲が多い。全10曲中、スローバラードが6曲なので、アルバムタイトルからノリノリのボニー・ジェイムスを期待すると、ちょっと違う。でも、結論から言うと、完成度は5つ星以上で、間違いなく今年のベストな1枚。もともと、ボニーのサックスの特徴は、ボーカリストだとすると、ハスキーでセクシーなところ。バラードやムーディーな曲で本領発揮。

続きを読む "Boney James 「The Beat」(2013)"

| |

2013年5月 5日 (日)

スムースなシングル盤 ⑩

キース・マッケリーは、2010年にデビューアルバムをリリースしているクリーブランド在住のサックスプレイヤー。新曲シングル「Serpentine Fire」は、あのアース・ウィンド&ファイアーの名曲。キースのパワフルなサックスが炸裂する。エネルギッシュでファンキーなキースのサックスは、EWFのオリジナルを、パワーで上回る出色の名演。最近、どうもチルアウトが多くて、こういう元気の出るプレイが聴きたかった。久しぶりにガツンとやられて、豪快な1曲。

続きを読む "スムースなシングル盤 ⑩"

| |

2013年5月 3日 (金)

Brian Simpson 「Just What You Need」(2013)

ブライアン・シンプソンの、「South Beach」(2010)以来3年ぶりの新作。待望の第一印象は、今までの雰囲気と違い、チルアウトなムードの曲が並ぶ。この人も「はやり」のチルアウトなのか。前半の5曲と、後半の5曲のムードが違う。まるで、レコードのA面とB面のよう。チルアウトなのは前半の5曲。後半の5曲は、彼の今までの路線を感じるし、明るくてポップなムードで、個人的には後半を聴いて安心。

デビューアルバムを出したばかりの若き新人ニコラス・コールを抜擢して、曲とプロデュースを3曲共作している。その3曲、「Wherever You Go」、「Emerald City」、「A Love Like This」が前半のチルアウトなムードを作っている。この3曲、ニコラス・コールのデビューアルバム「Endless Possibilities」の再演のよう。主役のブライアン・シンプソンのカラーが薄まってしまい残念。まだキャリアも若きニコラス・コールは、恐るべし才能なのだろう。でも、そんな必要あったのかなあ、と思ってしまう。

続きを読む "Brian Simpson 「Just What You Need」(2013)"

| |

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »