« Igor Gerzina 「One Click World」(2013) | トップページ | Reza Khan 「Dreamwalker」(2013) »

2013年12月22日 (日)

スムーズなシングル盤⑯

レベル10は、フロリダで活躍する、フュージョン・スタイルのコンテンポラリー・ジャズ・バンド。そのサウンドは、スパイロ・ジャイラや、イエロー・ジャケッツを、彷彿させる。メンバーは、Levy DeAndrade(key)、Rex Freligh(sax)、Yovannis Roque(b)、Ivan Diaz Avila(dr)、の4人。バンドの中心人物は、ブラジル出身のキーボード奏者Levy DeAndrade。過去に、「Together」(2009)、「Crossover」(2011)、の2枚のアルバムを出している。この新作「Imagine That」は、新アルバム「Vector」からの先行シングル。なかなかにキレのいいサウンドで、80年代のフュージョンが、洗練されて蘇ったようなかっこ良さ。このバンド、注目です。

サックス奏者エドガー・ウォーレス・ジュニアは、ホール&オーツの名曲をカバーした前作シングル「I Can’t Go for That」で、軟弱系なヤワ男を演じたプロモーション・ビデオが面白かった。この新作シングル「Groove With Me」でも、美女をバックにサックスを吹く姿は、またも、軟弱系なのが笑ってしまう。それでも、この人のサウンドは、けっこうなかなかのもの。ちょっと、グローヴァー・ワシントンJrを思い起こす、さらに若々しい壮快な音に、ググッと惹かれてしまう。もしかすると、「大物」になるかも。

 

 

 

| |

« Igor Gerzina 「One Click World」(2013) | トップページ | Reza Khan 「Dreamwalker」(2013) »