« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の5件の記事

2014年1月26日 (日)

Stephen Bishop 「Be Here Then」(2014)

スティーヴン・ビショップの新作は、スタジオ録音のフルアルバムとしては7年振り。といっても、前作「Romance In Rio」(2008)は、「On And On」などのセルフカバーをボサノバ風にまとめた企画盤だったし、その前の作品「Yardwork」(2003)も、アンプラグドなセルフカバー集だった。その2作を除くと、「Blue Guitars」(1994)以来の、およそ20年振りの新曲フルアルバムということになる。

デビュー・アルバム「Careless」(1976)から、「Bish」(1978)、「Red Cab to Manhattan」(1980)の3作品は、AORの名作といってもいいぐらいの、すばらしい作品だった。その後、映画「トッツイー」の主題歌「It Might Be You」(1983)が大ヒット(この作品は彼の作品ではなく、デイヴ・グルーシンの作曲。でも、ビショップ自身、最大のヒット曲)。映画「ホワイト・ナイツ」の挿入唄で、フィル・コリンズとマリリン・マーティンが唄った「Separate Lives」(1986)はビショップの書き下ろしのすばらしい曲だった。

続きを読む "Stephen Bishop 「Be Here Then」(2014)"

| |

2014年1月19日 (日)

Ed Barker 「Simple Truth」(2014 )

UKの新人サックス奏者、エド・バーカー。シングル4枚を出していたが、満を持してのフルアルバムの登場。

シングルは、ブルーズからバラードなどバラエティに富んで、比較的都会的なサウンドの4曲で、いずれも秀作だった。バーカーのサックスは、なかなか脹よかなトーンで、単にカッコいいというより、ヒューマンな感じがする。そして、このアルバム、統一感のある作品になっていて、一言で評すると、「リズム・アンド・ブルース」。どこかレトロなムードを漂わせて、それでも「バーカー節」が踊るリズム・アンド・ブルースのパレードのようなアルバムだ。

M1「Cockney California」は、コーラスが唄うメロディーが、なんとなく「B級」な始まりを感じさせるけれど、盛り上がっていくサックスのムードは、バーカー流のリズム・アンド・ブルースの解釈が伝わる佳曲。続くM2「Push It」も、ファンキーなリズムがノリのいいR&Bで、サックスのアドリブは骨太だけれどヒューマンな音色にハートを捕まれる。

続きを読む "Ed Barker 「Simple Truth」(2014 )"

| |

2014年1月18日 (土)

Will Donato 「Universal Groove」(2014)

スムーズジャズやコンテンポラリージャズ、その周辺の専門レーベルはいくつかあって、ソニー・ミュージックの傘下の「トリピン・アンド・リズム」は、メジャー・レーベルのひとつ。契約しているアーティストはビッグネームばかり。ポール・ハードキャッスルシンディ・ブラッドリーオリ・シルクダーレン・ラーン、などなど。最近のトップチャートは、その傘下アーティストの作品が占めるほど。そのうち、旬なアーティストはほとんど抱えてしまうのではないかという勢いで、やっぱり資本力なのか。

「シャナキー」(Shanachie)は、ジャズからポップスまでカバーしているレーベルで、比較的にR&Bからアーバン系ソウルのアーティストが多い。マリオン・メドウズナジーピーセス・オブ・ア・ドリームなど、スムーズジャズでもR&B寄りのアーティストがいる。大手ではないが、「ウッドワード・アヴェニュー・レコード」は、ポール・ブラウン、エラン・トロットマンなどが作品をリリースしている、これも注目しておきたいレーベル。

続きを読む "Will Donato 「Universal Groove」(2014)"

| |

2014年1月13日 (月)

Antonio Alma 「Personal Encounter」(2013)

サックス奏者、アントニオ・アルマは、イタリアはシチリア島、タオルミーナの出身。情報としては、それぐらいしか分からないが、アルマのサックスはメローなトーンで、心地いいし、サウンドを彩る、ブラスセクションや、コーラス、リズムセクションがさりげなくゴージャスで、なかなかの好盤だ。ゆったりとしたリズムと、おおらかでキレのいいサックスは、地中海的なのかな。

M1「Have a Good Trip」の、ミディアムスローなリズムに、ブラスセクションや女性コーラスが絡むサウンドは、ゴスペルのムードもあって、キャッチーなトラック。M3「Mr.Sam」は、ゆったりとしたビートに、明るいメロディーを丁寧に吹くサックスがハートフル。

M5「The Water of the Life」は、ソプラノで奏でるマイナーなメロディーの曲が美しい。M6「Intus」とM8「Song for My Rosy」の、サックスに絡むアコーディオンやストリングの音を聴くと、これは、ヨーロッパ的なムード。

アメリカのメジャーレーベルの作るスムーズジャズは、「売れ線」狙いで、ちょっと最近、同質的。むしろ、ヨーロッパ系のこのアルマのようなアーティストはオリジナリティがあって、いいなあ。掘り出し物の作品。

| |

2014年1月 1日 (水)

Thierry Condor 「Stuff Like That」(2013)

スイスのシンガー、ティエリー・コンドルの新作は、80年代の西海岸ポップスをオマージュした、あの時代を彷彿とする作品だ。

最近は、新しいAORもあまり聴けなくなったからといって、ノスタルジックというのではなく、このアルバムは生き生きとしたサウンドで、ピュアなAORなのが驚きであり嬉しい。なにしろ、コンドルのボーカルが、中性的というか、ちょっと女性的で、透明感のある中高音も伸び良くて、これは、AORにピッタリの声で、唄もうまい。ジャケットのフツーのオジさん風貌から(失礼)は、意外だけれど。

プロデューサーは、ウーズ・ウィーゼンダンガーという人で、デイブ・コーズやジェフ・ローバーとも共演している人で、この作品のクオリティの高さは彼の手腕によるものだろう。全12曲のほとんどが、80年代90年代のカバーで、選曲は隠れた名曲も並んでなかなかニクい。AORファンなら、歓喜するに違いない。

続きを読む "Thierry Condor 「Stuff Like That」(2013)"

| |

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »