« Ed Barker 「Simple Truth」(2014 ) | トップページ | Level 10 「Vector」(2014) »

2014年1月26日 (日)

Stephen Bishop 「Be Here Then」(2014)

スティーヴン・ビショップの新作は、スタジオ録音のフルアルバムとしては7年振り。といっても、前作「Romance In Rio」(2008)は、「On And On」などのセルフカバーをボサノバ風にまとめた企画盤だったし、その前の作品「Yardwork」(2003)も、アンプラグドなセルフカバー集だった。その2作を除くと、「Blue Guitars」(1994)以来の、およそ20年振りの新曲フルアルバムということになる。

デビュー・アルバム「Careless」(1976)から、「Bish」(1978)、「Red Cab to Manhattan」(1980)の3作品は、AORの名作といってもいいぐらいの、すばらしい作品だった。その後、映画「トッツイー」の主題歌「It Might Be You」(1983)が大ヒット(この作品は彼の作品ではなく、デイヴ・グルーシンの作曲。でも、ビショップ自身、最大のヒット曲)。映画「ホワイト・ナイツ」の挿入唄で、フィル・コリンズとマリリン・マーティンが唄った「Separate Lives」(1986)はビショップの書き下ろしのすばらしい曲だった。

その後、数枚のアルバムや、デモ集やライブ盤など、セルフカバー集など、出していたけれど、90年代からはこれといった作品も見られなかった。メジャーレーベルとの契約の問題や、失恋などがあったとか、の話は伝わってきたけれど、ついぞ長いことフルアルバムが出なかった。

この新作は、メジャーレーベルからではなく、自己のレーベルから出した、インディーズ作品。音楽業界のことは分からないが、いろいろあっての作品なんだろう。ビショップの作品は、ほとんどがラヴソング。ポップで明るい曲、「On and On」や、「Save It for a Rainy Day」「Everybody Need Love」「Send A Little Love My Way」などは、そういったポップ路線の名曲。方や、ナイーヴな心情を唄ったバラードがこの人の真骨頂で、アート・ガーファンクルが唄った「Looking For The Right One」や、「Red Cab To Manhattan」、「Madge」、「Separate Lives」などこそ名曲中の名曲。

この新作でも、久しぶりのビショップの唄声は、さすがに少し年をとったかな、くぐもった感じがするけれど、昔と変わらない。とびきりのヒット曲になりそうな曲はないが、いずれも聴くごとに味の出る珠玉の10曲。やっぱりこの人はバラードで、M6「Vacant」は、それこそガーファンクルに唄ってもらいたい佳作だし、M9「Loveless」、M10「Love Is You」も、ビショップの過去のバラード作品を思わせるいい曲。M4「Make It Last」、M5「Promise Me the World」、M2「Rescue You」は、2003年のデモ集や、「Yardwork」に入っていた曲で、この新作で形を整えての発表だ。ビショップも62才だけど、これからもっと新曲を出して欲しいなあ。

| |

« Ed Barker 「Simple Truth」(2014 ) | トップページ | Level 10 「Vector」(2014) »