« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の4件の記事

2014年3月30日 (日)

Nick Colionne 「Influences」(2014)

ニック・コリオーネは、シカゴ出身のギタリストで、「ジャズ界のベストドレッサー」と称されるそう。そのファッションは、アメリカのステイシー・アダムスというデザイナー・ブランドで固めているそうだが、例えば真っ赤な色のスーツに、白いハット帽の出で立ちは、「ミニー・ザ・ムーチャ」のキャブ・キャロウェイや、ハット帽を欠かさなかったブルース・ギタリストのオーティス・ラッシュ、あたりを彷彿とする。レトロだけれども、かっこいい。

コリオーネの弾くギターは、ウェス・モンゴメリーからジョージ・ベンソンへと続くスタイルの継承者だ。使っているギターも、ギブソンや、エピフォーンというセミアコ・ギターで、柔らかいジャズ・トーンを、オクターヴやコードストロークの重弦奏法を多用して、ブルージーでファンキーに奏でるギタリスト。スムーズ・ジャズ界でいえば、ユー・ナムや、ティム・ボウマン、ノーマン・ブラウンあたりが同系列のギタリストと言えるが、このコリオーネが最右翼だろう。

続きを読む "Nick Colionne 「Influences」(2014)"

| |

2014年3月16日 (日)

Chris Standring 「Don't Talk, Dance」(2014)

クリス・スタンドリングの前作「Electric Wonderland」は、メローなフェンダーと、プログラム系だけれどラウンジ風のスロウ・ビートがかっこいい作品だった。そんな前作が進化したようなこの新作は、ほぼ全曲がラウンジ風のダンスビートに貫かれて、ボイスやコーラスもプログラムされて、コンピューターゲームのようなピコピコ音やミニマルなリズム・パターンが、未来的だけれど、なんだか、いつか聴いたようなデジャヴも感じる魅力的な作品。

スタンドリングのギターは、オンリー・ワンのスタイルで、いつものメローなフェンダーの音で紡ぐパッセージは、浮遊感たっぷり、ファンキーで、ヒップで、かっこいいんだな、これが。

続きを読む "Chris Standring 「Don't Talk, Dance」(2014)"

| |

2014年3月 2日 (日)

Brian Culbertson 「Another Long Night Out」(2014)

ブライアン・カルバートソンの、デビューアルバム「The Long Night Out」がリリースされたのは、1994年2月1日。彼が若干21才の時。それから、20年を経て、デビューアルバムの全11曲を、新たに演奏し直したのが、この新作「Another Long Night Out」。カルバートソンは、デビュー後、12枚の作品を出していて、今やスムーズ・ジャズ界のビッグ・ネーム。デビュー作品を、そのままの全曲、やり直すという企画はなかなかに興味深い。

デビュー盤は、カルバートソンが、まだシカゴでジャズを専攻してた大学生の時に、下宿のアパートで、マッキントッシュと当時出回り始めた録音ソフトを使って作ったらしい。そんな思入れのある全ての作品を、カルバートソンは、今のスムーズ・ジャズ界をリードする多数のプレイヤーをゲストに迎えて、最高に洗練されたサウンドで蘇らせた。

続きを読む "Brian Culbertson 「Another Long Night Out」(2014)"

| | | コメント (2)

2014年3月 1日 (土)

Dean Grech 「We Got Lost」(2014)

ディーン・グレッチという人の新作。西海岸を中心に活動している、ギタリストであり、ボーカリストでもあり、作曲家でもあるアーティスト。初めて聴いたアーティストなのだが、これがなかなかいい。まず、ボーカルがいい。中性的でソフトな声で、ジャケットのオジさん(失礼)風貌からは想像出来ない魅力的な唄声だ。チェット・ベイカーとか、ニック・デカロ、はたまたマイケル・フランクスも入っているような感じ、と言ったら想像が付くだろうか。そして、ギターはオーソドックスなジャズ・ギターで、これもなかなか。ウェス・モンゴメリーが乗り移ったようなオクターブ奏法に、ビーバップ・スタイルのセミ・アコがあり、アコギありの巧者だ。

過去作品は「Look Out」(2009)というファースト・アルバムがあり、その中の「Funky Talk」という曲は、日本のマクドナルドの宣伝用音楽に採用されたこともあるそうだ。マックを食べながら、知らずに聴いていたのかもしれない。

そして、この作品がセカンド・アルバム。クレジットが無いので詳細は分からないのだが、全12曲がグレッチの自作曲だろう。いずれの曲も佳作揃いで、作曲の才能にも目を見張る、いや耳を見張る、か。6曲が歌入りの曲で、残りの6曲がインスト。

続きを読む "Dean Grech 「We Got Lost」(2014)"

| |

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »