« スムーズなシングル盤 ⑱ | トップページ | Vladimir Cetkar 「Heavenly」(2013) »

2014年5月31日 (土)

Cindy Bradley 「Bliss」(2014)

シンディ・ブラッドリーの待望の新作。前作アルバム「Unscpripted」(2011)は、ビルボードのジャズ・チャートでトップを記録。シングル「Massive Transit」も、スムーズ・ジャズ・ソングスのカテゴリーで6週間トップになり、まさに大ヒットだった。その作品のプロデューサーは、マイケル・ブローニングで、彼の手腕もヒットの要因だったろう。もちろん、ブラッドリーのプレイも、レイドバックして、クールなフレーズを奏でるところが、伝統的なジャズ・トランぺッターを思い起こさせて、魅力的だ。

この新作も、ブローニングをプロデューサーに迎えて、トリッピン・アンド・リズム・レコードから出した「Bloom」(2009)から続けての3作目になる。3作品のオリジナル曲は、ほとんどが2人の共作。なので、この新作も前作からの路線を外れることのない、クールなブラッドリーが堪能できる。

M3「Riverside Jive」や、M5「49th & 9th」は、「Massive Transit 」を思わせるキャッチーでタイトなリズムに、ブラッドリーらしさを感じて、前作の続きのようで、驚きはないけれど、この安心感もまたいい感じ。ブラッドリーのバラード・プレイも、暖かいフレージングがいい感じで、M2「Bliss」のフリューゲル・ホーンや、M10「Lost and Found」のオープン・プレイで聴ける音色は、じわっと視界が広がるような絵画的でもあり、美しいトラック。

前作同様、プログラムされた打ち込み系のサウンドが中心なのだが、その中でも、M4「Squeeze Me」(デューク・エリントンの曲)はちょっと異色。ブラッドリーのミュート・トランペットが主役の、アコースティックなピアノやギターが絡むムード・ジャズを演っていて、これがけっこう新鮮だ。次回は、アコースティックな演奏でアルバムを作って欲しいなあ。

ところで、今度の作品、ほとんどの曲で、サックスがフューチャーされている。M7「Comin’ Home to My Baby」でも、ブラッドリーのトランペットと、サックスが、会話を交わすごとくに絡むのだ。サックス奏者は、ダン・シプリアーノという人で、去年、シンディと結婚したそう。アルバムタイトル「Bliss」の意味は、「至福」だからね、なるほど。ごちそうさま。

| |

« スムーズなシングル盤 ⑱ | トップページ | Vladimir Cetkar 「Heavenly」(2013) »