« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の5件の記事

2014年5月31日 (土)

Cindy Bradley 「Bliss」(2014)

シンディ・ブラッドリーの待望の新作。前作アルバム「Unscpripted」(2011)は、ビルボードのジャズ・チャートでトップを記録。シングル「Massive Transit」も、スムーズ・ジャズ・ソングスのカテゴリーで6週間トップになり、まさに大ヒットだった。その作品のプロデューサーは、マイケル・ブローニングで、彼の手腕もヒットの要因だったろう。もちろん、ブラッドリーのプレイも、レイドバックして、クールなフレーズを奏でるところが、伝統的なジャズ・トランぺッターを思い起こさせて、魅力的だ。

この新作も、ブローニングをプロデューサーに迎えて、トリッピン・アンド・リズム・レコードから出した「Bloom」(2009)から続けての3作目になる。3作品のオリジナル曲は、ほとんどが2人の共作。なので、この新作も前作からの路線を外れることのない、クールなブラッドリーが堪能できる。

続きを読む "Cindy Bradley 「Bliss」(2014)"

| |

2014年5月21日 (水)

スムーズなシングル盤 ⑱

フュージョン的なヴァイブレーションに、ググッと来る新作シングル3枚。

トリッピン・アンド・リズム・レコードのスター・アーティストが組んだスーパー・バンドが「ジェネレーション・ネクスト」。デビュー・シングルが「Let It Ride」で、メンバーは、ニコラス・コール(キーボード)、リン・ラウントゥリー(トランペット)、レブロン(サックス)、ジュリアン・バーン(ベース)というから、スムーズ・ジャズ・ファンは必聴。売れて当たり前だけれど、4人の演奏がそれぞれフューチャーされていて、オーソドックスなフュージョン・サウンドなのが嬉しい。アルバムが出たらヒット間違いなしだろうなあ。

続きを読む "スムーズなシングル盤 ⑱"

| |

2014年5月17日 (土)

Down To The Bone 「Dig It」(2014)

ダウン・トゥ・ザ・ボーン(下記DTTB)は、1996年結成のUKのバンド。DJであったスチュワート・ウェイドが中心となって作られたプロジェクト・バンドであるが、ウェイド自身はミュージシャンではなく、プロデュースに専念している。

デビュー作「From Manhattan to Staten」(1997)で人気を博して、UKアシッド・ジャズの代表的バンドと称される。DTTBはアシッド、ソウル、ファンク、R&B、ヒップホップのミックスしたグルーヴが魅力で、その点では、同時代から続く、同じUK出身のインコグニート、ザ・ブランド・ニュー・ヘヴィーズ、と共通的な路線。サックス奏者シルツは、このDTTBのオリジナル・メンバーだった。

さて、この新作は、DTTBとして10作品目。近年はライブ・バンドとしての活動も活発なようで、UKとアメリカで、それぞれ別のフォーメーション・メンバーで演奏しているようだ。ライブ演奏の活動背景が反映しているのか、この新作は、グルーヴィーな躍動感溢れる秀作。

続きを読む "Down To The Bone 「Dig It」(2014)"

| |

2014年5月 5日 (月)

Incognito 「Amplified Soul」(2014)

インコグニートは、結成が1981年で今年35周年、この新作は16作品目。アシッド、ファンク、ヒップホップなど特定の代名詞で留められないほど、今や最強のインスト・ユニット。最近は特に、ソロ作品やシトラス・サンの最近作など、その他プロデュース作品も手がけて、精力的な活動が目立つブルーイの才能が、まさに開花していて、バンド・ユニットとしてもリアルなグルーヴがノリに乗っている。

この新作は、70年80年代の伝統的なソウルやダンス・ミュージックに回帰したメロディーやビートが、クラッシックであるけど、そこに未来的なブルーヴを体現できる作品。ダンス・ミュージックを料理したトラックがことさらググッと来てしまう。

M5「Hats(Make Me Wanna Holler)」の、タイトな16ビートがキャッチーで、このグルーヴにガツンと来ないリスナーはいないだろう。M6「Silver Shadow」は、アトランティック・スター1985年のヒット曲のカバー。ホーン・セクションを配して、パワフルに蘇えらせた名曲に脱帽。

続きを読む "Incognito 「Amplified Soul」(2014)"

| |

2014年5月 4日 (日)

Tony Travalini 「Renaissance Man」(2014)

ギター奏者トニー・トラヴァリー二は、かつてモータウンから「This Is It(This Is My Love)」(1980)という自作曲をリリースしている。その曲は、YouTubeで聴ける。ファルセット・ボーカルが印象的な、EW&Fを想起するカラッとしたウェスト・コースト風ソウルのキャッチーなナンバー。

ちなみに、その曲のプロデュースは、テディ・ランダッツオという人で、オールディーズ・ファンなら周知の人。60年代に活躍したソングライターで、リトル・アンソニー&ザ・インペリアルズのいつつかのヒット曲の作者であり、プロデューサーであった。ザ・インペリアルズの代表曲、「Going Out of My Head」、「Hurt So Bad」などの作品がランダッツオの作品。「Hurt So Bad」は、リンダ・ロンシュタットがカバーしている(1980年の「Mad Love」)。

トニー・トラヴァリー二の新作は、かつてのそのモータウンのシングル曲から34年も経ていてつながりがある訳もないのだが、アルバムを通してポップでライト・ソウルなムードは共通項。ギター・プレイは、ローランドのギター・シンセサイザーを多用して、多彩な音色を駆使する。

続きを読む "Tony Travalini 「Renaissance Man」(2014)"

| |

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »