« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の7件の記事

2014年10月25日 (土)

Peter While 「Smile」(2014)

ピーター・ホワイトの14作目の新作は、全曲オリジナルの珠玉の10曲が並んだ素晴らしい作品。「Good Day」(2009)、「Here We Go」(2012)、そしてこの新作と、近年作は上質な作品が続いて、これはもうピーター・ホワイト・サウンドの完成系。テクニックをひけらかさず、キャッチーなメロディーと、シンプルで流れるようなパッセージのギター奏法は、まるで耳に優しいボーカルのよう。

サックス奏者ミンディ・エイベアが参加したM1「Smile」とM7「Hold Me Close」の2曲で、ミンディはサックスを吹かず、コーラスで参加しているのが注目。特に「Smile」は必聴で、コーラスがキー・フレーズを歌う、上質なポップ・チューン。これは、ピーター・ホワイトの新機軸かな。

M4「Head Over Heels」は、このアルバムのベスト・ソングだろう。アップ・テンポのメロディーにウキウキする、これぞピーター・ホワイトの定番形。ゲストのリック・ブラウンとの掛け合いも聴きもの。M3「Floating In Air」も、透明感のある明るいメロディーを奏でるホワイトのギター、これこそ彼のスタイル。

M9「Don Quixote’s Final Quest」は、アタックの強いスパニッシュ奏法を披露した演奏で、ギタリストとして巧者を印象付ける曲。M10「Awakening」は、ユージ・グルーヴがソプラノでゲスト参加した曲で、これも美しいバラード曲。

言ってしまえば、いつも通りのピーター・ホワイトだけれど、これがいいんです。新作だけれど、もうこの「続き」が聴きたくなってしまう、というアーティストもなかなかいないですよ。

| |

2014年10月19日 (日)

Gregg Karukas 「Soul Secrets」(2014)

スムーズ・ジャズといっても百花繚乱。どちからと言えば、スムーズ・”ポップス”や、スムーズ・”R&B”、が主流かな。インスト版ヒット・ポップスのような、キャッチーなキー・フレーズを繰り返すスタイルがトレンド。クロスオーバーやフュージョンの信奉者としては、やっぱりジャズにアクセントを置いたスムーズ・”ジャズ”が本流だと支持したい。

その「本流」のピアニストと言えば、この人、グレッグ・カルーカス。ちなみに、スムーズ・ジャズ系ピアニストの個人的なベスト・プレイヤーを3人選ぶとすると、間違いなしの当確は、グレッグ・カルーカスでしょう。同時に、ブライアン・シンプソンに、ダン・シーゲル。次点は、ブライアン・カルバートソンジョナサン・フリッツエン、というところかな。

カルーカスのキャリアは80年代後半から、すでにソロ作品も11アルバムに及ぶ。近年作品では、2009年の「GK」は、全11曲、佳曲揃いの彼のベスト作品。彼のアコースティック・ピアノの美しい音粒はもちろん印象的だけれど、スキの無いオーケストレーションがゴージャスで上質な作品だった。でも、個人的には、その前の作品、「Looking Up」(2005)がベスト作品。彼のアコースティック・ピアノが主役で、クワイエット・ストームなムードが漂うアダルトな秀作だった。近年のスムーズ・ジャズ作品の中で、アコースティック・ピアノの代表作といったら、「Looking Up」に票を入れたい。

続きを読む "Gregg Karukas 「Soul Secrets」(2014)"

| |

2014年10月13日 (月)

Al DeGregoris 「All In Good Time」(2014)

キーボード奏者、アル・デグレゴリスの3作目になる新作は、ギタリストのニルスがプロデュースした作品というのが注目。ただし、ジェフ・ローバーとの共作共演の2曲を含んでいる。

ジェフ・ローバーとの2曲は、M4「Hey You」とM7「Abloute」で、いずれも、聴いたらすぐに分かるローバー・スタイルのファンキー・フュージョン。なにせ、一緒にセッションしているのが、チャック・ローブに、ジミー・ハスリップ、エリック・マリエンサル、というから、ジェフ・ローバー・フュージョンと、ジャズ・ファンク・ソウルが合体したような、オール・スターズのような面子。ローバーとデグレゴリスの二人のフェンダーローズのチェイス・プレイと、リズム・サポートのグルーヴは聴きもの。

さて、ニルスのプロデュース曲は、こちらも聴いたら納得の、ニルス節といっていい演奏が並んでいる。ニルスのギターの替わりに、デグレゴリスのキーボードが乗ったようなサウンド。

続きを読む "Al DeGregoris 「All In Good Time」(2014)"

| |

2014年10月12日 (日)

スムーズなシングル盤㉒

ヨーロッパ系アーティストの新作3枚。

ハンガリー出身のピート・プロジェクトは、ピートことピーター・フェレンツが率いる5人編成バンド。バンド編成とはいえ、バイオリン奏者のピートが中心のポップ・インストルメンタル・バンド。フル・アルバムは、「Pink Spirit」(2010)、「Turn You On」(2011)、「Overseas」(2013)をリリースしている。この新作シングル「Night Is Fallin’」は、制作中の4枚目のアルバムからの先行カットらしい。

続きを読む "スムーズなシングル盤㉒"

| |

2014年10月11日 (土)

Kim Waters 「Silver Soul」(2014)

アーバンでロマンティックなシルキー・トーンのサックスと言ったら、この人でしょう、キム・ウオーターズ。「My Love」(2013)に続く、彼の新作は、キャリア25年を記念した作品。25年記念を象徴する「シルバー」を冠したタイトルになっている。

全12曲アーバン・ムードの曲がずらりと並んでいて、ちょっとクラシックなスウィート・ソウルの作品だけれど、これがこの人の持ち味。8曲はウオーターズの自作もしくは共作の曲で、カバーが2曲。ジョン・レジェンドの大ヒット曲M7「All of Me」は、ソプラノ・サックスが原曲を忠実に奏でる美しいカバー・バージョン。M8「Fireflies」は、劇場型の盛り上がるバラード曲で、ゼンデイヤがボーカルで参加した曲。ゼンデイヤ(コールマン)は、テレビドラマシリーズの「シェキラ!」に出演している18才の人気女優。「Fireflies」はゼンデイヤのデビュー・アルバムに入っていた彼女の持ち歌の再演。ゼンデイヤとウオーターズのつながりが、いまいち分からないのだけれどね。

記念の作品らしくウオーターズのファミリーが参加している。妻のダナ・ポープがボーカル参加したM5「Anything You Need」や、実娘のカイラ・ウオーターズはピアニストで、M1「Dreaming of You」で共演している。R&Bボーカリスト、エリック・ロバーソンが参加したM12「Laying Beside Me」は、ロバートソンのボーカルと、ウオーターズのサックスのスィート&メローな絡みが聴きもの。M4「Go-Go Smooth」やM6「Crusing Round Rock」は、ウオーターズのサックスが軽めにスウィングする、ライトなダンシング・チューンで、これぞウオーターズの「定番」という感じで嬉しい。泣きのバラードは、M3「Stay Together」で、ウオーターズのエキゾチックなサックスの音色に、グッと、きますよ。

| |

2014年10月 5日 (日)

John Tropea 「Gotcha Rhythm Right Here」(2014)

ちょっと、ガツンとくるフュージョンでも聴きたいなと思っていたら、ありました。それも、70年代のフュージョン・ファンならご存知、ジョン・トロペイの新作。

ジョン・トロペイといえば、ニューヨークのセッション・ギタリストで、70/80年代のデオダートや、デビッド・サンボーン、ラロ・シフリンのアルバムや、ランディ・ブレッカー、リチャード・ティー、スティーヴ・ガッド、デイヴィッド・スピノザといった名うてのセッション・ミュージシャン達と同時期の活躍が記憶に残るギタリスト。ポップス系のセッションにも多数参加していて、ポール・サイモンの「Still Crazy After All These Years」の「50 Ways To Leave Your Love」で聴けるジョン・トロペイのギターは名演。ちなみに、ジョン・トロペイは「Tropea 10 The Time Is Right」(2007)というソロ・アルバムで同曲をインストで再演している。オリジナルにほぼ忠実なアレンジ、包み込むようなイントロや、ビート・インしてからのファンキーなギターは必聴ものです。

続きを読む "John Tropea 「Gotcha Rhythm Right Here」(2014)"

| |

2014年10月 4日 (土)

Dennis Angel 「On Track」(2014)

トランペット/フリューゲルフォーン奏者、デニース・エンジェルの新作アルバム。この作品の前に、「Timeless Grooves」(2012)という作品を出している。デニースのキャリアの詳細は分からないけれど、どちらもプロデューサーがジェイソン・マイルスという人。ジェイソン・マイルスは、ジャズ・キーボード奏者で、マイルス・デイビスの「Tutu」や、デイビッド・サンボーン、ルーサー・バンドロスのレコーディングに参加した経歴の持ち主。自身のアルバムも多数あり、最近は、グローバル・ノイズというグループの中心人物。というわけで、このデニースの作品は、ジェイソン・マイルスの料理によるレトロなジャズのムードを感じさせる作品。

ハイライトは、先行シングルで出ていて、冒頭を飾る「Soul Strut」。大御所ジャズ・ピアニストのケニー・バロンがピアノを弾いている。

続きを読む "Dennis Angel 「On Track」(2014)"

| |

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »