« Eric Nolan 「Mood Swing」(2014) | トップページ | 2014年のベスト3+1 »

2014年12月23日 (火)

Mitchell Coleman Jr. 「Soul Searching」(2014)

ベース奏者ミッチェル・コールマン・ジュニア、の今作がデビュー作品というから恐ろしい。これが才能の片鱗だとしたら、なんとも期待が膨らむな強力な新人の登場。彼のチョッパー・ベースが全曲に渡って縦横無人に躍動する、現代的なファンク・ジャズのアルバム。

冒頭のMCトラックは別にして、13曲が収めれられているが、いずれのファンクなビート・ヴァイブレーションが魅力。チョッパー・ベースだからといって、単に、ソウル・ビートのそれにあらず。M4「Come up」、M8「Secrets」は、ピアニストのデロン・ジョンソンが加わった、ジャズ寄りの演奏で、ジョンソンの知的なピアノ演奏と、バックでチョッパー奏法でファンク・リズムを刻むコールマンのベースが素晴らしい。デロン・ジョンソンは、マイルス・デイビスのバンドで演奏していた人で、さすがのジャズ・スピリットが光っている。

シェリル・リンの名曲で、レイ・パーカー・ジュニアがプロデュースした「Shake It Up Tonight」(1981)という曲があって、その作者は、元モータウンのアーティストのマイクとブレンダのサットン夫婦。その、マイケル・B・サットンという人が、3曲を共同プロデュースして、この作品に関わっている。(ちょっとしたトリビア。)その中の一曲、M2「Flow」は、懐かしくて新しいファンク・リズムが炸裂のハイライト・チューン。ジョンソン・ブラザースを彷彿とするチョッパー・ベースが爽快な演奏。ディープなファンク・ビートの曲群に埋もれて、これはなんとも嬉しい、M9「That’s the Way of the World」は、アース・ウィンド&ファイヤーの名曲カバー。オリジナルよりさらにメロウに仕上げた秀逸なヴァージョンで、この辺りにこの人の音楽嗜好が現れているようで、(カビラ風に)ムムっ!と叫びたいほど。

| |

« Eric Nolan 「Mood Swing」(2014) | トップページ | 2014年のベスト3+1 »