« Jonathan Fritzén 「Fritzenized」(2015) | トップページ | Marion Meadows 「Soul Traveler」(2015) »

2015年2月28日 (土)

Ben Tankard 「Full Tank 2.0」(2015)

ベン・タンカードは、キーボード奏者として、20年超えるキャリア、18枚に及ぶソロ・アルバムを持つメジャー・アーティスト。彼の音楽スタイルから、「ゴスペル・ジャズのゴッド・ファーザー」や、「ゴスペルのクインシー・ジョーンズ」と称されている。

その経歴は異色で、6.6フィート(2メートル)の身長がある人で、NBAのプロ・バスケットボールの選手であったが、怪我で挫折、音楽キャリアを始めた。今では、音楽プレイヤーやプロデューサーに加えて、自己のレーベル、トリビュート・レコードの社長でもあり、NBAではモチベーション・スピーカー(自己啓発演説家)として選手教育にも携わっているそうである。彼のファミリーで出演するTV番組もあって、人気を博しているそう。コンサートには自身の飛行機で出向くという、パイロットでもある。近年作「Full Tank」(2012)は、グラミー賞の6部門でノミネートされたヒット作品だった。

さて、その続編を思わせるタイトルが付いた「Full Tank 2.0」が、19作品目となるこの新作。並んだ10曲のタイトルを見ると、例えば「Reach Out and Touch」とか、「Far Beyond Words」や、「Last Minute Changes」、「Every Minute」、「Thicker Than Water」など、クリスチャン・ミュージックの典型的な精神教育路線。でも音楽は、メローなスムーズジャズで、ヒーリング・ムードで貫かれている。

M1「Rainy Sunday」は、メローなハイライト曲。タンカードのピアノは、リリカルで洗練されていて心地いいし、客演のポール・ジャクソン・ジュニアのギターも都会的。サックス奏者カーク・ウェイラムの参加した、M2「Reach Out and Touch」も、終始、クールというかまったりとした、サックスとピアノに癒される。タンカードのピアノ・プレイは、時折にゴスペル・フレーズが出るけれど、熱くならず終始クールなところが特色。M9「BENspirations」は、シンセのバックはあるけれど、ほぼソロのピアノ演奏がエモーショナルで印象的な演奏。最後のM10「Thicker Than Water」は、アーバンなムードのある、クールなスムーズ・ジャズ・チューン。この曲は、彼のTV番組の主題曲。その番組の視聴者は1300万人というから、この人の人気はすごいらしい。

| |

« Jonathan Fritzén 「Fritzenized」(2015) | トップページ | Marion Meadows 「Soul Traveler」(2015) »