« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の4件の記事

2015年4月29日 (水)

The Sax Pack 「Power of 3」(2015)

ザ・サックス・パックは、ジェフ・カシワスティーブ・コールキム・ウオーターズの3人のサックス奏者によるプロジェクト・ユニット。この新作は、「The Sax Pack」(2008)、「The Pack is Back」(2009)の2枚のアルバムに続く、なんと6年ぶりのアルバム。サックス3管によるアンサンブルは、過去アルバム以上に、パワーアップしてダイナミック。サックスの編成で、ダンシング・チューンを奏でるビート感は、このユニットならではのもの。

このユニットの復活は、昨年辺りから話題になっていた。キム・ウオーターズの代わりに、マーカス・アンダーソンが参加して、ツアーを行っていたので、その新生トリオで新作が出るかなと期待していた。理由は分からないけれど、やっぱりオリジナル・メンバー3人が復活してリリースしたのがこの新作。ジャケットにも3人が楽しそうに映っているから、ファンとしては安心。

続きを読む "The Sax Pack 「Power of 3」(2015)"

| |

2015年4月26日 (日)

Blake Aaron 「Soul Stories」(2015)

ギタリスト、ブレーク・アーロンの4作目のソロ新作。前作「Desire」(2007)は、スムーズジャズのチャートでロングセラーになった傑作で、スムーズジャズの必聴盤と言っていい一枚だ。その後、「Encantadora」(2011)や、「Groove-O-Matic」(2013)など、シングルが出ていたけれど、やっと大望のフルアルバムの登場。

全10曲中、既発表のシングル5曲を含んで、新録音5曲の内2曲がカバー(M4「Europa」とM7「Sara Smile」)で、オリジナル新作は3曲なので、ちょっと新鮮味に欠けるけれど、ポップスからコンテンポラリージャズまでバラエティに溢れる内容は完成度の高い傑作。

多くのビッグアーティストのレコーディングギタリストとして、TVや映画音楽を手掛けるなど、コンテンポラリー・ミュージックの多彩な音楽性と、ウェスモンゴメリーや、サンタナに至るまで、ギター・ジャイアンツのエッセンスを吸収したギター奏者としての巧者ぶりを聴かせてくれる。

続きを読む "Blake Aaron 「Soul Stories」(2015)"

| |

2015年4月12日 (日)

Diana Krall 「Wallflower」(2015)

多方面で絶賛されている、ダイアナ・クラールの新作。70年代中心のヒット・ポップスを歌ったカバー集で、選曲もいいし、デヴィッド・フォスターのアレンジ、クラールのボーカル、と3拍子が揃った素晴らしい内容の秀作。

何といっても、フォスターのオーケストレーションが素晴らしい。個性の強い名曲のオリジナル・バージョンのムードをそのままに、ストリング中心のオーケストレーションで表現したアレンジメントはまるでマジックのよう。

10CCの名曲「I’m Not In Love」は、オリジナルの「シート・オブ・サウンド」が、ストリングスやピアノで表現されて、かつ室内楽のような品位もある解釈で仕上げた感動のバージョン。クラールのボーカルは、低音の魅力が輝いている。スローテンポでストリングスをバックに歌う「Superstar」は鳥肌ものだし、「Don’t Dream It’s Over」の囁くような低音の導入部、「I Can’t Tell You Why」のハスキーな歌い方、それぞれほとんどフェイクせずにオリジナルメロディーを忠実に歌うところも、かえって枯れたところも持ち合わせた、巧者なヴォーカリストであることを聴かせてくれる。

続きを読む "Diana Krall 「Wallflower」(2015)"

| |

2015年4月 4日 (土)

James Lloyd 「Here We Go」(2015)

「ピーセス・オブ・ア・ドリーム」(下記POD)のキーボード奏者ジェイムス・ロイドのソロ作品。バンド「POD」としては、デビューから40年、近作「In The Moment」が20作品目、というロング・キャリアなのに、今作がソロ名義としては初めての作品というから意外。

全10曲、電子鍵盤でやるファンク・ジャズ系の数曲を除くと、ポップなムードの曲が多く、そのほとんどでロイドのアコースティックな鍵盤サウンドが堪能できる。

M3「Play It Forward」は、ハイライトなポップ・チューン。躍動的なロイドのピアノが何度聴いても飽きないし、作曲を共作したネーザン・ミッチェルのコーラスが開放的で気持ち良い。ミッド・テンポで、フィリー・ソウルっぽいテイストもある、M4「Granted Wish」、M6「Almost There」、M8「Within Reach」、の3曲は、ソロ作品ならでは、ロイドのリリカルなピアノ演奏が堪能できる。

「Alomost There」は、美メロのバラードで、作曲者は、チェリー・ミッチェルという人。かつてPODの過去アルバムで曲を提供していたり、サポート・メンバーだったらしい。M5「No Holds Barred」は、ジェラルド・アルブライトが参加した、ファンキーなナンバー。アルブライトとロイドの、いずれもパワフルなフレージングと掛け合いは必聴。

PODのもう一人のメンバー、カーティス・ハーモンも、そのうちにソロを出すかな。

 

| |

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »