« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の4件の記事

2015年7月20日 (月)

Bob Baldwin 「MelloWonder: Songs in the Key of Stevie」(2015)

ボブ・ボールドウィンは、「Betcha By Golly Wow」(2012)ではトム・ベル作品、「Never Can Say Goodbye」(2010)はマイケル・ジャクソンの作品、それぞれトリヴュートした企画作品が続いて、いずれも秀作。キャリア20周年の記念した「Twenty」(2013)でも、ハービー・ハンコックの名曲「Cameleon」のカバーも傑作な演奏だった。そして、この最新作は、スティービー・ワンダーへのトリビュート作品。スティービーの作品12曲と、ボールドウィンのオリジナル2曲からなる全14曲の素晴らしい力作。

ボールドウィンは、曲中で、アコースティック・ピアノと、フェンダーを、持ち替えるように演奏していて、いずれも、その華麗なフレージングに酔わされてしまう。特に、フェンダーの流れるようなアドリブは、アルバム・タイトル通りのメローな音色にうっとりすること間違い無し。スティービーの珠玉の作品を取り上げているから、楽曲の良さで初めから企画勝ちと思いきや、「メロー・ワンダー」と題されているように、全曲スローやミディアム・バラードにアレンジして、メローなムードを演出している演奏内容こそ素晴らしい傑作。

続きを読む "Bob Baldwin 「MelloWonder: Songs in the Key of Stevie」(2015)"

| |

2015年7月19日 (日)

Phil Denny 「Upswing」(2015)

「Crossover」(2012)は、アーバンなムードに、洗練されたサックスが印象的で、デビュー作品とはいえ、注目の作品だった、サックス奏者フィル・デニー。その後の「The Messenger」(2013)は、クリスマス企画のアルバムだったけれど、お祭り的なホリデイ・ソングだけでなく、ポップな雰囲気のオリジナルも入って、なかなかにクールな佳作だった。

そしてこの新作は、派手なところは無いけれど、サックスとサウンドがさらにソフィスティケートされて、クールなムードがさらに磨きがかかった作品。M1「Diggin’On」で始まる、チル・アウト的で、ヒーリング・ムードのバラードが、このアルバムのカラーを代表している。マイナーなメロディーをタイトなリズムで奏でる、M3「Flutter」は、ゆったりとしたミディアム・バラード。ベース奏者ジュリアン・バーンが参加した、M4「Stand Together」も、低音が印象的なバラード。

続きを読む "Phil Denny 「Upswing」(2015)"

| |

2015年7月14日 (火)

Jim Adkins 「The Journey」(2015)

ギター奏者ジム・アドキンスの作品は、どこか懐かしいポップスやロックを思わせるメロディーに溢れた秀作。セミアコのシングル・トーンを、丁寧に紡いで奏でるギターが、心温まるグッド・ミュージック。

アドキンスの過去作品は、「Just Chillin」(1998)、「Straight Ahead」(2000)、「Turning Point」(2002)、「License to Play」(2004)、「City Streets」(2008)の5作品。3作目の「Turning Point」は、ケン・ナバロのプロデュース作品。「License to Play」からは、アドキンスの自己のレコード・レーベル「クリア・イメージ・レコード」からのリリース。詳細は不明だけれど、この新作も、セルフ・プロデュースで、自己のレーベルからのリリースだろう。

続きを読む "Jim Adkins 「The Journey」(2015)"

| |

2015年7月 4日 (土)

Randy Scott 「Serenity」(2015)

サックス奏者ランディ・スコットは、スムーズ・ジャズ・ファンなら、押さえておきたいアーティストのひとり。ソロ作品は、「Randy Scott」(1994)から、メジャー・レーベルのトリピン・アンド・リズム・レコードに移籍しての「90 Degrees at Midnight」(2011)まで5作品。プロデューサーとしても、スムーズ・ジャズ・ギター奏者のティム・ボウマンら多数の作品に関わっている。

そして、この新作がソロ6作品目。ほとんどの作品が、スコット自身の作曲で、サウンドはメロウなR&B。M1「Cabo」は、キャッチーなメロディーが印象的なハイライト曲。ファンキーなホーン・セクションをバックに、情熱的に盛り上がって行くスコットのサックスが聴きもの。M10「Side Steppin’」は明るくポップな曲だけど、スコットのフレージングに本流ジャズのスピリットが伝わってくる。

続きを読む "Randy Scott 「Serenity」(2015)"

| |

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »