« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の3件の記事

2015年8月23日 (日)

Chris Godber 「Starting Over」(2015)

チルアウトなサウンドは、熱い夏にもぴったりかもしれない。サックス奏者クリス・ゴッドバーの新作は、この人の持ち味といっていいチルアウト・ムードのサウンドに、終始クールなサックスの音色が、ヒートアップ気味な外気もハートも、少しは冷やしてくれる。

デビュー作「One Breath at a Time」(2009)から数えて4作品目の新作。ジャケットの見るからに若々しい外見同様、サウンドもフレッシュだし、スムーズジャズ界の若手サックス奏者が多いといえども、注目株だ。

チルアウトなムードだから派手さはないけれど、ファンキーなリズムやR&Bのテイストが抑え気味に見えるところが、都会的で洗練された音作りで、好感度の高い佳作。

続きを読む "Chris Godber 「Starting Over」(2015)"

| |

2015年8月15日 (土)

Theresa Grayson 「World Blue」(2015)

サックス奏者テレサ・グレイソンの4作目になる新作。地球を施したフェイス・ペインティングが何ともインパクトのあるジャケット。世界の平和を訴える彼女自身によるメッセージ・ラップで始まり、アフリカ、インド、アジア、ラテンアメリカなど異なる音楽文化を表現したバラエティに富んだ曲想と演奏を、コンセプト・アルバムとしてまとめた意欲作。

M2「Tranz 4 Nation」は、ユーロビートを下敷きに、ソプラノ・サックスが軽快な、ソフトなディスコ・チューン。M3「Radioactive」は、オルタナ系バンド、イマジン・ドラゴンズの2013年のヒット曲のカバー。M4「Sisi Ni Moja」は、始まりのコーラスがアフリカを思わせるけれど、グレイソンのソプラノ・サックスは、浮遊感のあるフレージングと、メランコリーな音選びがリリカルで、コンテンポラリーな演奏は、注目に値するベスト・トラック。

M5「Je T’adore」は、グレイソン自身が歌うのはフランス語のボーカル曲。M7「Crane’s Dance」は、シンセで作った「琴」のアルペジオをバックに、ソプラノも「尺八」?。つまりは、日本をイメージさせる曲で、「ありがち」な解釈ではあるけれど、あえて突っ込みを入れるのもヤボかな。M9「Sway」は、ラテンのスタンダード曲、原曲「キエン・セラ」の英語題名曲。ストレートに超有名メロディーを吹くテナー・サックスは、意外に新鮮で爽快。

続きを読む "Theresa Grayson 「World Blue」(2015)"

| |

2015年8月 2日 (日)

Lebron 「New Era」(2015)

サックス奏者レブロン(レブロン・デニス)の新作。前作「Shades」(2013)はデビュー作にして、アダルトでアーバンなムードの好盤だった。新作は、さらに完成度の高まった充実した作品。メロウで、流れるように美しいサックスの音色を聴けば、この人は、いずれ、ジェラルド・アルブライトや、カーク・ウェイラム級のメジャーアーティストになるだろう予感を感じる。所属の「トリピン・アンド・リズム・レコード」の関連アーティスト、ニコラス・コール、ダーレン・ラーン、ジュリアン・バーン、リン・ラウントゥリー、ら「ファミリー」が参加している。従って、サウンドのムードは、彼らの作品と同傾向にあって、「トリピン・アンド・リズム・レコード」のこの「サウンド」が、今や、スムーズ・ジャズのメインストリームと言っていい。

レブロンの前作は、ダーレン・ラーンとの共作を含めて、全曲を自身の作曲作品で固めていたけれど、この新作は、全11曲、他人の作品(ダーレン・ラーン、ニコラス・コール、デヴィッド・マンら。)を演っているのが、新機軸、つまり「New Era」かな。このあたりは、自作曲にこだわらず佳曲を並べて、サックス奏者としてパフォーマーと、サウンド・プロデュースに徹した意気込みなのか。

続きを読む "Lebron 「New Era」(2015)"

| |

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »