« スムーズなシングル盤 ㉗ | トップページ | Jazz Funk Soul 「More Serious Business」(2016) »

2016年1月24日 (日)

Buff Dillard 「Mr.Bonejazz」(2015)

アルバムタイトルの「ミスター・ボーンジャズ」、は自らそう名乗るトロンボーン奏者、ボフ・ディラード。

昔からジャズの世界では、トロンボーンは人気のある楽器。JJジョンソンや、カーティス・フラーなど、言わずと知れたジャイアンツも多い。コンテンポラリーやスムーズジャズでも、ジェフ・ブラッドショー、トロンボーン・ショーティー、スティーヴ・バクスター、など個性的なメジャー・アーティストがいる。

この人、ボフ・ディラードは、メジャーではないけれど、注目したいトロンボーン奏者だ。ノースカロライナのシャーロットを中心に活躍している人で、ピーセズ・オブ・ア・ドリームとも共演経験がある。

この新作は、ディープなソウルやファンクの趣もあって、打ち込みにあらず、リアルなグルーヴが伝わるバンド・アンサンブルが魅力的な秀作。M2「Step」は、ちょっと懐古的なディスコ・チューン。トロンボーンとサックスが交互にフロントに出てくるアレンジが、古くて新しい、かっこよさがあると感じるのだが、どうだろうか。M4「You’re Beatuiful」は、ちょっとラテン風で、無国籍なムードもある曲。バイオリン奏者を採用して、トロンボーンとコーラスも加わる掛け合いがユニーク。

M5「After Midnight」はジャズ・バラード曲で、ソリッドなバンド・アンサンブルが、上質感があって、心地いい。M10「Queen City Vibe」は、ベスト・トラックだろう。ミディアム・テンポのファンク・チューン。夜を思わせるアーバンなムードに、メランコリックなトロンボーンのスライド・フレージングが聴きどころ。

 

| |

« スムーズなシングル盤 ㉗ | トップページ | Jazz Funk Soul 「More Serious Business」(2016) »