« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月の5件の記事

2016年12月31日 (土)

Ken Navarro 「Bonfire」(2016)

ケン・ナヴァロの23作目となる新作は、例によって彼自身のワンマン多重録音。

彼のアイコンであるナイロン弦ギター演奏に限らず、今まで以上に多様な楽器をこなして、ワンマンのスタイルが進化したことろが聴きどころ。特に、ホーンセクションやストリングまでこなして、それらを効果的に使った重厚なアレンジが素晴らしい。


M1「My Best Friend」のアップビートな主題をサポートするホーン・セクションが、スリリング。M2「Refuge」は、ベスト・トラックだろう。イントロから始まるホーンセクションとストリングス、中盤からエレキギターで展開する曲想はドラマチック。

続きを読む "Ken Navarro 「Bonfire」(2016)"

| |

2016年12月30日 (金)

第59回グラミー賞ノミネート作品

59回グラミー賞の、「コンテンポラリー・インストゥルメンタル」部門のノミネート作品は、次の5作品。受賞決定は、2017年2月13日。

追記:受賞作は、『Culcha Vulcha』Snarky Puppy 下記★印

1.「Human Nature」Herb Alpert

ハーブ・アルパートは、近年の「Steppin’ Out」(2013)で、「ベスト・ポップ・インストルメンタル・アルバム賞」を受賞。その後も、「In The Mood」(2014)、「Come Fly With Me」(2015)と、80歳(!)を超えて、精力的に新作をリリースしている。

新作「Human Nature」は、マイケル・ジャクソンの表題曲や、オリジナルの「Doodle」など、打ち込みのディスコ・ビートを多用したアレンジが新機軸。個人的には、オリジナルの「Mystery Mann」がジャズ・ムードのポップ・チューンで、一番光っている。

続きを読む "第59回グラミー賞ノミネート作品"

| |

2016年12月25日 (日)

2016年のスムーズジャズ・ソング15(+1)曲

今年のスムーズジャズ・ソング、オススメのゴキゲンな15と1曲。

①「Taking Control」ジェラルド・アルブライトの「G」から。グルーヴ全開のパワー・チューン。ホーンセクションもベースも彼の多重録音。サックス以上に、ベース演奏のファンキーなところが必聴。

②「Tuesday Swing」スーパー・ユニット「Juzz Funk Soul」の「More Serious Business」の1曲。ポップなメロディーに乗って、ジェフ・ローバー、チャック・ローブ、エヴァレット・ハープ、3人のスリリングな演奏がたまらない。

③「Overdrive」注目のデュオ「The JT Project」の「Moments of Change」から。疾走感のあるアンサンブルに惹き込まれること間違いなし。

続きを読む "2016年のスムーズジャズ・ソング15(+1)曲"

| |

2016年のベスト3+1

今年聴いた作品の中から、独断で選んだベスト作品です。

 

1. ボブ・ボールドウィン 「The Brazilian-American Soundtrack」

近年のボールドウィンは毎年のように新作を発表して、ますます脂がのった活動は精力的。

今年の新作は、オリンピック・イヤーにブラジルをテーマにした作品。ニューヨークでの演奏セットを対にした企画も秀逸な内容。ほぼ2時間半に及ぶ全26曲のボリューム、全曲クオリティの高さは圧巻で感動の力作。

ジョー・サンプル、ジョージ・デュークら巨匠に勝るとも劣らない、現役のプレイヤーとして突出した才能を聴かせてくれる。

続きを読む "2016年のベスト3+1"

| |

2016年12月11日 (日)

Tyler Reese 「Reminiscence」(2016)

タイラー・リースは、ナッシュビルを拠点に活躍するギター奏者。この新作は、フルアルバムの4作目。15歳でデビューした、才能溢れるギター奏者。ギター・プレイは、パワフルでプログレ的ロック・ギターから、カントリー・テイストの弾むようなフレーズや、スピード感のあるアドリブのテクニックにコンテンポラリー・ジャズの志向も見える。

過去作品には、歌手エリサ・ディースとの、デュオ「The Dease & Reese Project」としての「Life in 20」(2014)という作品もある。エリサ・ディースは、エリサ・フィオリーロ名でプリンスと作品共作やバック・コーラスを務めたこともある人。

さて、このタイラー・リース新作。M1「Moving On」は、アコースティックギターで奏でるソフト・ムードのハイライト・チューン。そのポップなメロディーは、どちらかと言えばアルバム中で異色だけれど、流麗なアドリブ・フレーズは必聴。

続きを読む "Tyler Reese 「Reminiscence」(2016)"

| |

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »