« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月の2件の記事

2017年7月29日 (土)

Julian Vaughn 「Bona Fide」(2017)

スムーズジャズのベーシストと言えば、若くして亡くなったウェイマン・ティスデイルが忘れられない。元NBAプレイヤーで、2mの巨漢、左利きのベーシスト。ベースとはいえ、ギター顔負けにファンキーなメロディを弾きまくるその奏法とフレージングは今もエバーグリーン。

そのティスデイルを彷彿とする、ベース奏者ジュリアン・ヴァーンの、4作目となる新作。ジュリアンも身長が6.7フィートつまり2mあるという。ジュリアンも、ギターのようにベースを演奏する。彼の演奏ビデオなど見ると、使っているベースは、5弦ベースで、ピッコロ・ベースとも呼ばれる多弦ベース楽器。これも、ウェイマン・ティスデイルのスタイルと同じ。

ちなみに、ピッコロ・ベースはロン・カーターが発明したらしい。4弦、多弦、エレキ、ウッドに関わらず、ベースをギターのように奏でるスタイルの技巧派の巨匠はブライアン・ブロンバーグだろう。

続きを読む "Julian Vaughn 「Bona Fide」(2017)"

| |

2017年7月17日 (月)

Jackiem Joyner 「Main Street Beat」(2017)

ジャッキーム・ジョイナーは、レコードキャリア10年のサックス奏者。スムーズジャズファンなら、追いかけておきたい旬なアーティストの1人。

デビュー作品「BabySoul」(2007)から、数えて6作目の新作は、自己ベストで、完成度の高い作品。ファンキーで、かつ唄うようなフレージングの音色が、この人の持ち味。洗練されたサウンドや、キャッチーな自作曲も秀逸で、全曲が非の打ち所がない都会的なビートに溢れた秀作。

普段のバンド・メンバーという、ダリル・ウィリアムズ(ベース)、カイル・ボールデン(ギター)、カーネル・ハーレル(キーボード)、レイモンド・ジョンソン(ドラムス)ら、フレッシュなアーティストのアンサンブルも聴きもの。

続きを読む "Jackiem Joyner 「Main Street Beat」(2017)"

| |

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »