« Julian Vaughn 「Bona Fide」(2017) | トップページ | Special EFX 「Deep as the Night」(2017) »

2017年8月10日 (木)

Chuck Loeb (1955〜2017)

 

ギター奏者チャック・ローブさんが亡くなった。先日の7月31日、享年61。近年は癌と戦っていたとのこと。なんとまあ、早すぎる旅立ちではないか。スムーズジャズの才能溢れる逸材が逝ってしまった。最近は体調不良を理由に、フォープレイの公演も参加せず、カーク・ウェイラムやラリー・カールトンが代役を務めていた。

今年のグラミー賞にノミネートされた「Unspoken」(2016)がソロ遺作となってしまった。

1989年のデビュー作「My Shining Hour」以来、20作品のソロ・アルバムを残した。

マイケル・フォアマンとのバンド、メトロのメンバーでもあり、2010年からは、フォープレイのギタリストとして参加して、近作「Silver」(2015)まで3作品に参加。ジェフ・ローバー、エバレット・ハープとの新しいユニット「ジャズ・ファンク・ソウル」にも参加。その他、サイドマンやプロデューサーとして数多くの演奏と幅広い功績を残している。

奥さまは、ボサノバ歌手のカルメン・クエスタ、チャック・ローブのプロデュースで新作「Palabras」を出したばかり。スペイン語で歌うクエスタの歌声と、チャック・ローブの温かいアコースティック・ギターの音色、相まって美しいボサノヴァ、まるで2人だけのデュエットのような作品。これが遺作になるなんて。悲しくなんと沁みること。合掌。

| |

« Julian Vaughn 「Bona Fide」(2017) | トップページ | Special EFX 「Deep as the Night」(2017) »