« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月の2件の記事

2017年9月17日 (日)

Michael J Thomas 「Driven」(2017)

サックス奏者マイケル J トーマスは、「City Beat」(2010)でデビュー。スマッシュ・ヒットしたシングル「I Think About Amy」(2011)以降は録音作品は出ていなかったので、この新作は久しぶり。

新作は、彼自身のボーカルを披露する M1「My Love」で始まる。AOR的と言っていいメロディーはどこか懐かしいし、彼の中性的な歌声は、かのマイケル・ジャクソンを彷彿として、とても新鮮。11曲のアルバム中、ボーカル曲は4曲入っていて、彼のボーカル曲がこのアルバムのハイライト。

残りのボーカル曲3曲、M5「Girls Got Moves」はファンキーなノリがかっこいいし、M8「Say Goodbye」は包容力が伝わるバラードで、M10「Driven」はワイルドなポップ・チューン、といずれもマイケル・ジャクソンを繊細にした歌声が印象的でキャッチーな佳曲揃い。

続きを読む "Michael J Thomas 「Driven」(2017)"

| |

2017年9月 3日 (日)

Jonathan Fritzén 「Ballads」(2017)

ジョナサン・フリッツェンの新作は「バラッド」と名付けられた、文字通りスロウなムードのフルアルバム。前作「Fritzenized」(2015)までの5作品は、ビートに乗ってシンプルでアタックなシングル・トーンのピアノ、ポップなメロディーがスウィングするサウンド、そういうところが彼の真骨頂だったので、静謐なサウンドに貫かれたこの新作は意欲作だ。

全12曲は彼の自作曲で、メロディーは牧歌的で、ピアノを固めるサウンドは映画のサントラを思わせるように映像的だ。ほとんどの曲は、フリッツェンのピアノとシンセに加えて、ギターの客演と、シンプルなサウンド。8曲をサポートするギタリストは、アレックス・クラウンという人で、この人は、フリッツェンと同郷のストックホルム時代の友人だそう。

続きを読む "Jonathan Fritzén 「Ballads」(2017)"

| |

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »