« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月の3件の記事

2017年11月26日 (日)

Peet Project 「The Bad Boys of Budapest」(2017)

ハンガリーのスムーズジャズ・ユニット、ピート・プロジェクトの新作。

バイオリン奏者ピーターが率いる5人組バンドは、見た目はボーイズ・ポップ・バンド風ではあるが、ボーカル曲もインスト曲も自らの演奏でこなす技量と、バンドとしてのまとまりはなかなかのもの。曲は、ダンシング・ビートのポップ・チューン中心で、ダンス・バンドのようでもあるけれど、フレッシュで健康的なグルーヴは、ヨーロッパ風にも聴こえて、新鮮。

M6「Rosy Cheeks」は、デイヴ・コーズが客演した、キャッチーなハイライト曲。コーズのサックスと、ピーターのバイオリンの際立った掛け合いが必聴の曲。M4「Bring Me to Life」も、ゲストがジョナサン・フリッツェンのピアノと来れば、こちらもスムーズジャズ・ファン必聴の曲。

続きを読む "Peet Project 「The Bad Boys of Budapest」(2017)"

| |

2017年11月23日 (木)

Boney James 「Honestly」(2017)

ボニー・ジェイムスの新作は、今までにも増して、メロウなムードに彩られた傑作。前作「Futuresoul」(2015)も、落ち着いたテンポの曲が主体で、クールな印象の作品だった。そういった路線を引き継いだこの新作も、スロウやミッドテンポの曲が並ぶが、抑え気味のバイブレーションが秘めたソウルを感じるような、さらにクールで上質な作品になった。ありきたりに「バラード集」なんて、安易な一言ではまとめられない秀作。

M1「Kicks」は、ソプラノサックスの音色がリリカルで、歌うようなジェイムス節が堪能できる、キャッチーなナンバー。M2「Tick Tock」は、導入部分から多用する低音のフレージングが、甘美でファンキーな曲。バックアップするホーンアレンジが、ソウルフルでかっこいい。それもそのはず、アレンジは、ホーン・セクションの巨匠、ジェリー・ヘイ。

続きを読む "Boney James 「Honestly」(2017)"

| |

2017年11月19日 (日)

Patrick Yandall 「A Journey Home」(2017)

パトリック・ヤンダールは、キャリア25年のギタリスト。初期から、ほとんどの作品の発表は自己のプライベート・レーベル「Zangi」からのリリースだけなので、メジャーなシーンから距離を置いて、自身の音楽スタイルを徹底しているようだ。

真摯なギター・プレイに徹した作品は、R&Bやソウル、ブルース、ファンクといった要素を、キャッチーなメロディーで消化する佳作ばかり。主にテレキャスターの、繊細かつ伸びのあるギター・トーンは、縦横無尽で、時にメローな柔らかさもあって、ひとつひとつの音に、感情移入せざるを得ない魅力がある。音作りは、ワン・マン・バンドの演奏のようで、ギター以外のオーケストレーションも素晴らしい。

続きを読む "Patrick Yandall 「A Journey Home」(2017)"

| |

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »