« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月の3件の記事

2018年2月23日 (金)

Chris Godber 「Momentum」(2018)

サックス奏者クリス・ゴッドバーの前作「Starting Over」(2015)は、サックスの音色もサウンドもフレッシュな佳作で、個人的には高感度の高い作品だった。この新作は、洗練されたサウンドに磨きがかかり、成長著しいところを感じさせてくれる秀作だ。

前作と同様に、同じバンドで演奏するキャレブ・ミドルトン(key)や、ロウェル・ハーパー(g)らとの演奏も、生き生きとしたアンサンブルで、グッド・バイブレーションを聴かせてくれる。今作のプロデュースは、レイモンド・ダリウス・ジャクソンという人で、ゴッドバーの演奏バンドでもキーボード奏者を務めているようだ。ダリウス・ジャクソンや、キャレブ・ミドルトンらとの共作を含めた全11曲は、なかなかいい曲ばかり。ボーカル曲など無いけれど、いずれもオーソドックスなスタイルのインスト演奏は安心できる内容だ。

続きを読む "Chris Godber 「Momentum」(2018)"

| |

2018年2月11日 (日)

Gary Palmer 「Coast 2 Coast」(2018)

フロリダで活躍するサックス奏者、ゲーリー・パーマーの2作目のフルアルバムは、アーバン・ソウルのムードに満ち溢れた佳曲ぞろいの秀作だ。

パーマーのサックスは、ボーカルならハスキー気味の音色と、ゴスペルを感じる官能的なフレージングが魅力的。ミディアム・スロウが中心の曲は、クワイエット・ストームと形容できるアーバン・サウンドで、スウィート・ソウルや、フィリー・ソウルのムードがたっぷり。

パーマーにとってこの作品は、スムーズ・ジャズの著名アーティストとコラボしたところが新機軸で、バラエティに富んだ内容。それでも、トータルなサウンドはまとまりがあって、なかなか素晴らしい作品。

コラボしたアーティストは、ポール・ブラウンティム・ワトソンデヴィッド・P・スティーブンス、シンガーのケヴィン・フォスター、日本人ギタリストのKay-Taこと松野啓太、そして、ニルスといった面々。ポール・ブラウンが参加した3曲は、タイトル曲M1「Coast 2 Coast」、ボブ・ボールドウィンのキーボードがフューチャーされたM12「Land of the Sun」、スタンリー・クラークの初期の名曲をカバーしたM9「Lisa」と、いずれもポール・ブラウンらしいキャッチーなサウンドと、パーマーのサックスがかっこいい、必聴の演奏。

続きを読む "Gary Palmer 「Coast 2 Coast」(2018)"

| |

2018年2月 3日 (土)

『What Is It All But Luminous』Art Garfunkel 著(2017)

アート・ガーファンクルの自身による伝記である。半生を振り返った伝記だが、音楽活動の解説より、彼自身の生活や内面の考察に比重を傾けて書いた、「私的」な内容の伝記である。

学生時代のポール・サイモンとの出会いや、トム&ジェリーのデビュー、S&Gの成功、映画俳優としての活躍、ソロアルバムの制作、S&Gの再結成、といった彼のプロフェッショナルな功績については、時間的なつながりにとらわれず、フラッシュバックのように語っている。彼の偉大な音楽的成功さえも、アメリカ大陸やヨーロッパのハイキング横断といった私的な活動や、家族のことと並列して、すべてを人生のエピソードとして、内省的な考察を焦点に語られる。

散文的な文章スタイル、メタファー的な引用を交えた「詩」で表現される文章の連続は、正直言って、オーソドックスな伝記のスタイルと(かなり)異なり、読みやすいとは言えないが、そういったユニークな表現方法からして、アートの人間性がうかがえる。

かつての恋人の女優ローリー・バードの自死や、父親や兄弟の死、ポール・サイモンの実母の死去、マイク・ニコルズの死去、といった知人の死去と、一方で、妻のキャサリン・セルマックと、2人の息子への家族愛。彼の半生のストーリーとしては、その「対比」が印象的だ。

続きを読む "『What Is It All But Luminous』Art Garfunkel 著(2017)"

| |

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »