« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の4件の記事

2018年7月29日 (日)

ポール・サイモンの音楽人生を振り返る必読の評伝、『Paul Simon : The Life』by Robert Hilburn(2018)

ポール・サイモンは、今年の2月に、演奏ツアーからの「引退」を発表した。5月から始まった全米や欧州をまわるツアーは、「Homeward Bound - The Farewell Tour」と名付けられ、文字どうりの引退ツアーとなっている。大掛かりなツアーは辞めても、「小規模なパフォーマンス」や、レコーディングの音楽活動は続けるようで、安心だが。音楽活動は60年にも及び、色あせない名曲の数々と、華々しい実績を積み重ねてきて、今年には77歳を迎える。本書は、その引退表明に合わせたように、タイミング良く出版された、そのポール・サイモンの評伝である。その名曲の数々に魅了されて来たファンにとって、読む価値のある良書だ。

著者は、ポップス音楽評論家のロバート・ヒルバーン。ロサンゼルス・タイムズ紙で30年以上に渡り、ポップスの評論を担当したキャリアの持ち主。他に、ジョニー・キャッシュについての評伝などの著作がある。本書は、ポール自身が承諾したという、「公式」と言ってもいい評伝だ。著者による、ポール自身への直接インタビューは、3年間を費やし、信頼関係の上に書かれた労作である。加えて、家族や友人、関係者への取材や、膨大なメディア記録の掘り起こしを通して、冷静に事実関係に基づいて描いた著者のストーリーテリングに、引き込まれて読了した。

続きを読む "ポール・サイモンの音楽人生を振り返る必読の評伝、『Paul Simon : The Life』by Robert Hilburn(2018)"

| | | コメント (0)

2018年7月22日 (日)

Rob Zinn 「Walk The Walk」(2018)

トランペット奏者ロブ・ジンの新作は、前作のデビュー作「Yesterday Again」(2016)に続く2枚目。今作は、ポール・ブラウンが全面的にプロデュースに関わった秀作。ポール・ブラウンのスタジオ「Funky Joint」で収録されたという全10曲。

ほとんどがジン自身とブラウンの共作の曲で、都会的で洗練されたメロディーラインの連続の充実した内容。ポール・ブラウンらしい、アクのないR&Bサウンドのデザインがかっこいいし、落ち着いたバンド・サウンドが、ロブ・ジンのフレージングを際立ている。

タイトル曲のM1「Walk The Walk」と、M2「Wherever You Are」は、いずれもサックス奏者アンドリュー・ニューがゲスト参加した演奏曲。ファンキーな「Walk The Walk」も、AORのスロウ・バラードような「Wherever You Are」も、二人のスリリングなインタープレイが必聴のハイライト曲。ジンがフリューゲル・ホーンを吹く、M3「Journey of the Heart」は、ソフトな音色のフレージングが包容力を感じさせる。

続きを読む "Rob Zinn 「Walk The Walk」(2018)"

| | | コメント (0)

2018年7月15日 (日)

Phil Denny 「Align」(2018)

サックス奏者フィル・デニーの新作。デビュー・アルバム「Crossover」(2012)にしてベスト級の作品だったし、その後、「The Messenger」(2013)、「Upswing」(2015)と、コンスタントに秀作をリリース。フレッシュでキャッチーなサウンドが、作品ごとに磨きがかかる、期待の新世代アーティストだ。この新作も、全11曲、外れ曲なしの、成長を感じさせる秀作。

M1「Switch Up」は、ファンキーなビートがキャッチーで、こういうグルーヴがこの人らしい、ハイライト曲。M2「Feel Alright」は、ポップなメロディが秀逸な、ヘビロテ間違いなしの曲。ギターの客演は、デヴィッド・P・スティーヴンス。オーバーダビングしたサックスの音色が、新鮮な方向を感じる佳曲。M5「Brio Bounce」も、ファンキー路線のビート・チューンで、この曲でも、オーバーダビングしたサックスが印象的で、スピード感があふれる曲。

続きを読む "Phil Denny 「Align」(2018)"

| | | コメント (0)

2018年7月 2日 (月)

Dee Brown 「Remembering You」(2018)

アメリカ中西部ミシガン州のデトロイトを基点に活躍する、ギター奏者ディー・ブラウンの新作。スムーズジャズ専門レーベルの「インナーヴィジョン・レコーズ」から、前作「Brown Sugar, Honey-Coated Love」(2014)に続く、2枚目のフル・アルバム。

この人のギター奏法は、一聴して分かる「ジョージ・ベンソン」フォロワーだ。大御所ノーマン・ブラウンは元より、ティム・ボウマンや、ニック・コリオーネ、ポール・ブラウン、ユー・ナム、ロニー・スミス、などなど、「ベンソン・スタイル」の系譜を受け継ぐギター奏者は、スムーズジャズ界のメインストリームだ。いかに、ジョージ・ベンソンの影響が偉大かは、そのフォロワーの活躍が証明している。

さて、ディー・ブラウン。いずれの曲も、R&B味のスウィート・メロディーに乗って、この人のギターのパッセージとサウンドが繰り出すグルーヴに、ググッと引き込まれる好盤。

続きを読む "Dee Brown 「Remembering You」(2018)"

| | | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »