« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月の4件の記事

2018年8月27日 (月)

Nils 「Play」(2018)

ギター奏者ニルスの新作は、前作「Alley Cat」(2015)に続いて、クオリティを高めた秀作。ニルスのスリリングなギターが快走して、タイトなリズムやホーン・セクションと作るグルーヴは爽快だ。共作を含むオリジナル10曲はいずれも佳曲ばかりで、ニルスの作曲センスが光る。コンテンポラリーなR&Bスタイルの曲が際立っていて、今回多くの曲に参加しているジョニー・ブリット(ボーカル、キーボード、トランペット)の登用がハマっている。

「Coast to Coast」は、ハイライトなキャッチー・ナンバー。キレが良くて、セクシーなところも聴かせるニルスの魅力が発揮された曲。「Sway」は、ジョニー・ブリットのクールなトランペットが印象的な、スロウ・バラード。ニルスの、ブルージーなプレイも光っている。

続きを読む "Nils 「Play」(2018)"

| | | コメント (0)

2018年8月20日 (月)

Steve Oliver 「Illuminate」(2018)

スティーヴ・オリバーの新作は、久しぶりのインストゥルメンタル作品。「World Citizen」(2012)の後、「Best of...so far」(2014)はベスト・アルバム(2曲の新曲入り)だったし、その後の「Pictures & Frames」(2016)は全曲が自身の歌声による、歌詞付きソング、いわゆる歌もののボーカル・アルバムだったので、新曲のインストゥルメンタル・アルバムとしては6年ぶりの新作だ。オリバーは、過去作品でも、必ず数曲はボーカル・ソングを入れていて、シンガーとしても「二刀流」の才能の持ち主。だが、今作はその歌ものを「封印」して、全11曲演奏オンリーの意欲作となった。内容も、文句なしのベスト級だ。

オリバーのトレード・マークである、色彩感豊かなギター・シンセや、ポップな歌詞無しヴォーカリーズ、などを多用したサウンドはいっそう磨きが掛かり、スピード感溢れるギター・フレージングも冴え渡る曲ばかり。サポート・ミュージシャンも巧者揃いで、隙のないグルーヴが堪能できる。特に、半数を占める曲で脇を固めている、ジミー・ハスリップ(ベース)、ジョエル・テイラー(ドラムス)、による鉄板のリズム隊は重量級。フィリピン出身のジャズ・ピアノ奏者タテン・カティンディグの流麗なフレージングも必聴。ゲストのサックス奏者も多彩で、ウェール・ラーソン、ネルソン・ランジェル、チェース・ウナ、ビリーレイ・シェパード、がそれぞれ曲により登場する。18才でデビューしたチェース・ウナはデビュー作「On The Chase」(2017)を、ビリーレイ・シェパードのデビュー作「Silk」(2017)を、それぞれオリバーがプロデュースを手掛けている。

続きを読む "Steve Oliver 「Illuminate」(2018)"

| | | コメント (0)

2018年8月13日 (月)

Brian Simpson 「Something About You」(2018)

ブライアン・シンプソンの新作。シャナキー・レコードと契約した最初のアルバム「South Beach」(2010)から数えて、同レーベルから早くも5作目の作品。通算では、8枚目のソロ作品。

「South Beach」以前というと、デビュー・アルバム「Closer Still」(1995)の後、「It's All Good」(2005)、「Above the Clouds」(2007)と、12年の間にわずか3作品のリリースだったから、近年の意欲的なリリースは、嬉しい限りだ。この新作も、シンプソンのピアノ・スタイルを高めた素晴らしい内容。今や、彼がスムーズジャズの領域で、間違いなくトップ・アーティストであることを証明する作品だ。

前作「Persuasion」(2016)は、スティーヴ・オリバーとの共作が「新機軸」だったけれど、今作もそのオリバーとのコラボを進化させた作品。全10曲中、オリバーとの共作は7曲。オリバーは、ギターの演奏はしていないが、楽曲の共作と、プログラミング演奏、共同プロデュースで関与している。残り3曲は、これも常連のオリバー・ウェンデル(キーボード)をサポートに迎えての作品となっている。

続きを読む "Brian Simpson 「Something About You」(2018)"

| | | コメント (0)

2018年8月 6日 (月)

Dave Muse 「Forgotten Journey」(2018)

フルート奏者デイヴ・ミューズの「Firefall Revisited」は、彼が在籍していた「ファイアーフォール」時代の曲を再演して、ダイナミックなフルート演奏を披露した秀作だった。スタジオ録音のソロ作品としては、30年超ぶりという長いブランクを経ての3作目だったが、早くも、この新作がリリース。

今回は、1曲のカバー演奏(レイ・チャールズの「Unchain My Heart」)を除いて、他全9曲はオリジナル曲で占められた意欲作。フルート演奏も、さらにパワーアップしたところを聴かせてくれる力作だ。プロデュースは、前作にも参加していた、キーボード奏者ロン・ラインハートとの共同制作。ほとんどの曲も、ミューズと共作している。ラインハートは、スムーズジャズ系のサポート・ミュージシャンで、リック・ブラウン、リチャード・エリオット、ピーター・ホワイトらと共演している。最近では、リック・ブラウンの「Around the Horn」のタイトル曲の共作者として、キーボード演奏でも参加していた。

続きを読む "Dave Muse 「Forgotten Journey」(2018)"

| | | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »