« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月の3件の記事

2019年7月28日 (日)

David Nevue 「in the soft light of grace」(2019)

デイビッド・ネビューは、ニュー・エイジ系のソロ・ピアニストだ。この最新作まで、デビュー作「The Tower」(1992)から15枚のアルバムをリリースしている。ビルボードのニュー・エイジのチャートでは常連の人気アーティスト。

10代の頃はピンク・フロイドやカンサスといったプログレッシブ・ロックに夢中だったが、ジョージ・ウィンストンに魅了されてソロ・ピアノ演奏を目指したのだという。90年代にネビューはインターネット関連企業に努めるビジネス・マンをしながら、自主制作でアルバムを作り始めた。95年に、当時としては先駆けのオンラインで自身の作品を販売する。そのオンライン販売で人気を博して、2001年には会社勤めを辞めてプロのピアニストになる。

ソロ・ピアノのアルバム制作だけでなく、2003年からは、これもユニークな、ソロ・ピアノ専門のインターネット・ラジオ局「Whispering: Solo Piano Radio」の運営を始めた。2005年からはコンサート演奏も初めて、ソロだけでなくニュー・エイジ系の他のソロ・ピアニスト、デイビッド・ランツ、ピーター・ケーターらと共同コンサートも行なっている。オンラインの音楽販売や、インターネット・ラジオ曲の運営などの経験を書いた著作や、情報配信の活動もしている。

 

続きを読む "David Nevue 「in the soft light of grace」(2019)"

| | | コメント (2)

2019年7月14日 (日)

Torcuato Mariano 「Escola Brasileira」(2019)

トルクアート・マリアーノはアルゼンチン生まれでブラジルで活躍するベテラン・ギター奏者。ソロとしては5枚の作品をリリースしている。

世界的な評価も高いブラジルのシンガー、カズーザ、イヴァン・リンス、ガル・コスタ、ジャバンなどとも共演。作編曲家でプロデューサーとしても、フラヴィオ・ヴェントゥリーニ(Flavio Venturini)、ファビオ・ジュニア(Fabio Junior)、パウリーニョ・ダ・ヴィオラ( Paulinho da Viola)、ベロ(Belo)といった、ブラジルの錚々たるシンガー/アーティスト達の作品に関わっている。

ギター奏者としても、スムーズジャズ系ミュージシャン、イエロージャケッツ、マイケル・リントン、ボブ・ボールドウィンらと共演も多い。最近ではボールドウィンの『The Brazilian-American Soundtrack』でも、マリアーノがフューチャーされていた。

 

続きを読む "Torcuato Mariano 「Escola Brasileira」(2019)"

| | | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

The Braxton Brothers 「Higher」(2018)

サンフランシスコ出身のザ・ブラクストン・ブラザースは、双子の兄弟、ネルソン(ベース)とウェイン(サックス)のデュオ・ユニットだ。デュオとして、『Steppin Out』(1996)、『Now & Forever』(1999)、『Both Sides』(2002)、『Rollin’』(2004)、『True Love』(2013)の5枚のアルバムをリリースしている。6枚目となるこの新作は5年ぶりの作品ということになる。

久しぶりの新作は、2人の原点回帰を思わせる作品。デビュー当初から、メロウなRB/スムーズジャズ・ユニットというスタイルだったが、前作ではボーカル(Chandlar)やラップ(Clister)をフューチャーして、ピップホップな方向転換の作品だった。この新作は、メロウなグルーヴに溢れた演奏作品で、その点で『Rollin’』以来14年ぶりのスタイルに回帰したといえる。

 

続きを読む "The Braxton Brothers 「Higher」(2018)"

| | | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »