« David Benoit 「David Benoit And Friends」(2019) | トップページ | Tom Grant and Phil Baker 「Blue Sapphire」(2019) »

2019年10月13日 (日)

Mark Etheredge 「Connected」(2016)

マーク・エサレッジのデビュー・アルバム「Change Coming」(2012)は、オリジナルの全曲を自ら歌うシンガー・ソング・ライターとしてのボーカル作品だった。スティーリー・ダンを思わせるソリッドなサウンドと曲調が印象的で、80年頃のボズ・スキャッグスのようなアダルト・コンテンポラリー路線を志向したような作品だった。

その次作品がこの『Connected』(2016)で、エサレッジのピアノとキーボードが主役の全10曲インストゥルメンタルの演奏作品。ボーカリストからキーボード奏者へ方向転換というわけだが、目の覚めるようなピアノ演奏とバンド・アンサンブルで上質なスムーズ・ジャズ作品になった。共作を含めた全10曲はエサレッジのオリジナル曲で、歌詞を載せて歌えるようなメロディーは、シンガー・ソング・ライターとしての才能がリンクしている。

プロデュースはポール・ブラウン。都会的で洗練されたサウンドに統一されていて、エサレッジのピアノ奏者としての才能を引出したのはブラウンの手腕。全曲が同じメンバーのリズム・セクションで固められている。ギターはポール・ブラウン、ベースはロバート・バレー、ドラムスはゴーデン・キャンベル、パーカッションはリッチー・ガルシアという面子。エサレッジのロマンティックなフレージングと、ソリッドなリズム・セクションがブレンドするアンサンブルが素晴らしい。

1曲目の「Groovin’ With My Baby」は、エサレッジをスムーズ・ジャズ・アーティストとして印象付けるキャッチーな曲。甘いメロディーの単音を際立たせるフレージングが彼の演奏スタイル。「Be Who You Are」も、そのスタイルを際立たせて、キャッチーで歌になりそうなメロディーが心地いい。「Roger That」は一転して、ファンキーなリフがジャズ的で、スムーズ・ジャズ・アーティストとしての方向転換を主張するような曲だ。「Rain」は美しいメロディーのバラード。感情を込めたようなフレージングは美しく、エサレッジのピアノ奏者としての認識を深める演奏。

「For Your Love」は、ギター奏者チャック・ローブとの共作曲で、ローブが客演した曲。ローブのギターはドリーミーで、エサレッジのピアノとのインタープレイが聴き逃せない。「Connected」はポール・ブラウンとの共作曲。ファンキーな味付けのメロディーはブラウンの影響に違いない。ブルージーなブラウンのギターがフューチャーされて、アルバムのハイライトを飾る佳曲。

最近リリースされたシングル曲「Resonance」(2019)は、ポール・ブラウンのプロデュースによる新曲。リズム・セクションもこのアルバムと同じメンバーによる演奏。新作アルバムが待ち遠しい。

 

| |

« David Benoit 「David Benoit And Friends」(2019) | トップページ | Tom Grant and Phil Baker 「Blue Sapphire」(2019) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« David Benoit 「David Benoit And Friends」(2019) | トップページ | Tom Grant and Phil Baker 「Blue Sapphire」(2019) »