« Stephen Bishop 「We’ll Talk About It Later In The Car」(2019) | トップページ | Ray Obiedo 「Carousel」(2019) »

2019年11月21日 (木)

聴き逃せないクリスマス・アルバム(2019)

この季節になると目立つのはクリスマス(もしくはホリデイ)アルバム。スムーズジャズ系アーティストの作品もリリースのラッシュだ。定番の曲の演奏集が多いので目新しさは無いかと思いきや、オリジナリティのある作品も多く注目に値する。この3作品は聴き逃せない秀作だ。

1. Dave Koz 『Gifts Of The Season』(2019)

デイブ ・コーズのクリスマス企画アルバムはこの新作で7作目となる。初めてのクリスマス・アルバム『December Makes Me Feel This Way』(97年)以来、「デイブ・コーズ・アンド・フレンズ」名義で3作品や、旧譜のコンピレーション『Ultimate Christmas』(11年)もあり、20年以上に渡り定期的にクリスマス・アルバムを出している。伝統的な曲を中心にクリスマス曲のカバーはおよそ40曲に及ぶだろう。コーズにとってクリスマス曲の演奏はライフ・ワークのようで、コーズの右に出る人は見つからない。

今作の選曲は、何度となくレコーディングしている「White Christmas」「Winter Wonderland」「I'll Be Home For Christmas」など外せない定番曲に加えて、オールディーズから近年のクリスマス・ポップスを取り上げたのが新機軸で、今まで以上にポップで洗練された作品になった。

「It’s Beginning to Look a Lot Like Christmas」(ペリー・コモ)「Last Christmas」(ワム!)、「All I Want for Christmas」(マライア・キャリー)、「Mary Did You Know」(クリスチャン歌手のマイケル・イングリッシュ)など、いずれも初めてカバーするポップス系の曲が新鮮だ。ゲストにジョナサン・バトラー、メリサ・マンチェスター、クリス・ウォーカーら豪華ボーカリストを起用している。

コーズはクリスマスをテーマにした自作オリジナル曲を入れるのも定番で、「December Makes Me Feel This Way」(97年の同名アルバム)、「Memories Of A Winter’s Night」(07年の同名アルバム)、「Beneath The Moonlit Sky」(01年の『Smooth Jazz Christmas』)など、クリスマス・アルバムでしか聴けない佳曲が多い。今作のオリジナル曲は「A Prayer for Peace」。ソプラノ・サックスで奏でるマイナーな美しい曲。

2. Marion Meadows 『Christmas With You』(2019)

マリオン・メドウズの新作は、キャリアで初めてのクリスマス・アルバム。全10曲、クリスマスの定番曲に加えて3曲のオリジナルに注目だ。プロデュースはラーニ・ソング。

タイトル曲「Christmas With You」は、ヒップ・ホップ系若手ミュージシャンのダモントレス・ベルをボーカル(曲の共作も)に迎えた曲。その他のオリジナル2曲「Christmas on the Radio」「A Winter Lullaby」(どちらもラーニ・ソングとの共作)と合わせて、オリジナル3曲はいずれもメローでロマンティックな佳曲。

クラシックなクリスマス曲「We Three Kings」のアレンジは聴き逃せない。メドウズはテナー・サックスを吹いてストレート・ジャズの演奏。コンボからビッグ・バンドへと展開するバックにメドウズのアドリブが冴える。「Jingle Bells」や「Silent Night」などのスタンダード曲はハートウォーミングな演奏でクリスマスムードが盛り上がる。「Got Rest Ye Merry Gentlemen」「What Child Is This」を洗練されたR&Bスタイルで聴かせるのはメドウズならでは。

3. Michael Lington 『A Foreign Affair Christmas』(2019)

マイケル・リントンの新作も、初めてのクリスマス・アルバム。全9曲、オリジナル曲は無いが、クラシックな「This Christmas」「O Holy Night」「Silent Night」など定番の選曲が並ぶ。ゲストには、フィリップ・セス、クリス・スタンドリング、デイブ・コーズ、リック・ブラウンなど豪華な布陣。

デイブ・コーズも新作クリスマス・アルバムで取り上げていた2曲、「Last Christmas」「Mary Did You Know」をリントンも熱の入った演奏をしていて、聴き比べるのも一興。「Last Christmas」はバラードに編曲して、リントンのサックスと絡むセスのヴィヴラフォンの響きが輝くようで深く印象に残る。「Mary Did You Know」は、グレッグ・フィリンゲインズのリリカルなピアノ伴奏と、リントンのサックスの泣き節が迫るエモーショナルな演奏に感動する。

オリジナル曲は無いが、リントンのシャープでパッションのあるサックスと洗練されたサウンドが堪能できる秀作。

| |

« Stephen Bishop 「We’ll Talk About It Later In The Car」(2019) | トップページ | Ray Obiedo 「Carousel」(2019) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Stephen Bishop 「We’ll Talk About It Later In The Car」(2019) | トップページ | Ray Obiedo 「Carousel」(2019) »