« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月の3件の記事

2020年9月27日 (日)

Dee Lucas 「The Time Is Now」(2020)

サックス奏者ディー・ルーカスは、デビュー作『Remembrance』(2004)をスタートに『Going Left』(2018)まで、8枚のソロ・アルバムを発表しています(うち1枚はコンピレーション)。ソプラノ・サックスに徹して、メロウなスムーズジャズからブレないスタイルをキープしています。

9作目となるこの新作は曲ごとに、ダリル・ウィリアムズ、ジョージ・フリーマン、アダム・ホーリー、ジノ・ロザリオ、デヴィッド・P・スティーヴンス、ルー・レイン・ジュニア、らにプロデュースを任せた7曲からなるアルバム。いずれも、スムーズジャズ/コンテンポラリージャズの気鋭ミュージシャンで、ルーカスの過去作品でも共演したことのある人たちです。異なるプロデューサーとのコラボでも、サウンドの統一感は失われず、ルーカスの流麗なサックスの存在感が光ります。

続きを読む "Dee Lucas 「The Time Is Now」(2020)"

| | | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

Special EFX 「All Stars」(2020)

スペシャルEFXの、『Deep As The Night』(2017)に次ぐ新作です。

スペシャルEFXは、ギター奏者キエリ・ミヌッチによるコレクティブ・プロジェクトです。メンバーが流動的に集合して音楽作品を創るのがコレクティブというスタイル。この新作は「オール・スターズ」と名付けられた通り、ミヌッチが総勢18名におよぶトップ級のミュージシャンを迎えて創り上げた作品です。

ソロをフィーチャーしたアーティストは、リン・ラウントゥリー(トランペット)、ディビッド・マン(サックス)、エリック・マリエンサル(サックス)、ネルソン・ランジェル(サックス)、ラオ・タイザー(キーボード)など、過去作品やツアーでの共演を重ねた人たちが並んでいます。また、レジーナ・カーター(バイオリン)、アントワン・シルバーマン(バイオリン)、ミノ・チネル(パーカッション)、メイザ・リーク(ボーカル)といった逸材を起用しているのが興味を引かれます。

続きを読む "Special EFX 「All Stars」(2020)"

| | | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

Paul Brown 「Ones Upon A Time」(2020)

ポール・ブラウンの新作は、ブラウンが過去にプロデュースした曲を自ら再演した10曲の作品集。スムーズジャズ界を代表するプロデューサーとして、数多くのアーティストの作品を生み出した経歴を振り返るというコンセプトです。

ブラウンのプロデュース業のスタートは、サックス奏者サム・リニー(Sam Riney)のデビュー作『At Last』(1989)。その後、ボニー・ジェイムスのデビュー作『Trust』(1992)から8作品連続して『Ride』(2001)までプロデュースを手がけた実績で、スムーズジャズ界のプロデューサーとして評価を高めました。

ブラウンが過去30年間にプロデュースしたアーティストと楽曲は枚挙にいとまがないほどですが、珠玉といえる10曲が選ばれています。全てビルボードのチャートで1位を記録した曲だそうです。

オリジナル・トラックのアーティストと収録アルバムは以下の通りです。

続きを読む "Paul Brown 「Ones Upon A Time」(2020)"

| | | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »