« Andreas Vollenweider 「Quiet Places」(2020) | トップページ | Blake Aaron 「Color And Passion」(2020) »

2020年10月25日 (日)

Randy Scott 「Elevation」(2020)

サックス奏者ランディ・スコットの『Serenity』(2015)から5年ぶりの新作は、大半がセルフ・プロデュース/作曲による楽曲ですが、プロデューサー、マイケル・ブルーニングが手掛けた3曲が光っています。

中でもブルーニング作曲の「Joyride」は、キャッチーなビート・チューンで、ヒット性十分のハイライト曲です。楽曲の良さはもちろん、グルーヴ満点の演奏が素晴らしい。ブルーニングのピアノによる洗練されたフレージングと、スコットならではのパワフルなサックスの掛け合いが絶品です。

ブルーニングの手掛けた他2曲、「Ignite」(作曲はスコット)ではブルーニングのスイングするピアノが、「Elevation」(スコットとニコラス・コールの共作)はオルガン(コールかな)が聴きどころで、いずれもスコットのサックスとのインタープレイが素晴らしい。

「Daydream」はスコットのオリジナル曲でスウィート・ソウルの味わいがある佳曲。ゲストのトランペット奏者シンディ・ブラッドリーがフィーチャーされています。

「Tempo」は、女性ソウル歌手/作曲家、アネシャ・バーチェット(Anesha Birchett)がボーカルを担当した曲です。メロウなR&Bムードの楽曲で、バーチェットのボーカルが新鮮です。作曲は、スコットとバーチェットの共作。アネシャは、姉妹のアンテア(Antea Birchett)とユニット(APlus)を組んで、ビヨンセ、ジャスティン・ビーバーなどに楽曲提供をしている注目のアーティストです。

「Intimacy」は、スコット作曲のバラード曲です。美しいメロディの作曲とバラード・プレイのサックス演奏は、いずれも特筆すべき才能を発揮した曲です。サウンドも、スコットのワンマン・トラックで作り上げています。

「Untitled (How Does It Feel)」はカバー演奏で、オリジナルはネオソウル・シンガーのディアンジェロ(D'Angelo)の楽曲です。ディアンジェロのアルバム『Voodoo』(2000)に収められている曲。スコットの演奏は、骨太のソウルフルなバラードに仕上げています。

R&Bのアーバンなムードと、ビートのアクセント、キャッチーな楽曲、パワフルなスコットのサックスと、聴きどころの多い良作です。

| |

« Andreas Vollenweider 「Quiet Places」(2020) | トップページ | Blake Aaron 「Color And Passion」(2020) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Andreas Vollenweider 「Quiet Places」(2020) | トップページ | Blake Aaron 「Color And Passion」(2020) »