« Randy Scott 「Elevation」(2020) | トップページ | Paula Atherton「Can You Feel It ?」(2020) »

2020年11月 3日 (火)

Blake Aaron 「Color And Passion」(2020)

ギター奏者ブレーク・アーロンの新作は早くから予定が公表されていましたが、待つことほぼ1年を経てのリリースになりました。

前作「Soul Stories」(2015)の後、毎年コンスタントに新曲シングルを発表していましたが、フルアルバムは5年ぶりになります。既発のシングル9曲から、7曲がこの新作アルバムに含まれています。

シングルの既発表曲が大半とはいえ、ほとんどが長めの編集やミックスも変更されているようで、新鮮に響きます。ポップでキャッチーなリフが満載の楽曲と、サウンドと演奏のグルーヴは抜群で、今年のベスト級作品として太鼓判を推したい傑作です。

ゲストは、ダーレン・ラーン(サックス)、ナジー(サックス)、キム・スコット(フルート)、アダム・ホーリー(ギター)などが参加。リズム・セクションには、ダリル・ウィリアムス(ベース)、メル・ブラウン(ベース)、トニー・ムーア(ドラムス)、タテン・カティンディグ(ピアノ)、ロブ・マリンズ(ピアノ)といった布陣が固めています。

アルバム・タイトルの新曲「Color And Passion」はハイライトを飾る佳曲好演で、間違いなくアーロンの代表曲となるでしょう。メランコリーなアコースティック・ギターと美メロのピアノ(タテング・カティンディグ)、ギター・シンセサイザーにストリングスも加わるドラマチックな構成が素晴らしい。特にギター・シンセのフレージングは、パット・メセニーの名演(パット・メセニー・グループ名義のアルバム『Offramp』の「Are You Going With Me ?」)を彷彿として、思わず身を乗り出します。

新曲「Weekend In Paradise」は、弾けるレゲエのリズムが爽快な曲。同じく新曲「Sunday Strut」は、アダム・ホーリーのプロデュース/共作の曲で、ホーン・セクションを配して加速するキレの良いストロークは絶品の演奏です。ナジーのサックス演奏がフィーチャーされています。

シングルで発表されていた「Vivid」は、1分以上も長いロング・バージョンになり、ファンキーなアーロンのギターの圧力とテクニックに圧倒されます。特に、後半のアーロンのギターとピアノ(ロブ・マリンズ)の熱をおびたインタープレイは必聴です。シングルでは聴けなかった、中盤に現れるファズを効かせたワイルドなギターと、終盤のピアノ演奏がフェイド・アウトまで長めに収録されています。

「Groovers and Shakers」は、サックス奏者ダーレン・ラーンとの共作曲で、ラーンのサックスがフィーチャーされています。シングルではフェイド・アウトされていた、ラスト・コーラスでのサックスの演奏が追加されています。

「Riviera Nights」は、シングルにはなかったフラメンコ・ギターによるイントロ(わずか10秒ですが)が追加されています。

カバー曲は1曲「Don't You Worry 'Bout a Thing」(スティービー・ワンダー)で、フルート奏者キム・スコットが参加しています。ホーン・セクションを従えた重厚なサウンドと、奔放に弾けるアーロンのギターとスコットの絡みが聴きどころです。

ちなみに、既発表のシングル「Summer Ride」(2016)と「Sleigh Ride」(2017)は今作に未収録です。「Sleigh Ride」はクリスマス・スタンダードのカバーですが、ファンキーなグルーヴが炸裂するビート・チューンの「Summer Ride」はアルバムに入れて欲しかったのですが。

 

| |

« Randy Scott 「Elevation」(2020) | トップページ | Paula Atherton「Can You Feel It ?」(2020) »

コメント

なんとなくウォーレンヒルに似ているなぁ。
と思ってみていたら、気持ちのいいギターですね。
ビデオではナジーなんですね。

投稿: sugi | 2020年11月 3日 (火) 16時47分

コメントありがとうございます。
このビデオはナジーが参加したステージの模様ですが、音源はダーレン・ラーンのサックスなんですよね。

投稿: UGASAI | 2020年11月 4日 (水) 09時18分

あ~、またまた即買いでした。グルーブがたまりません。ギターがリズムを引っ張っているような感じで、少し前のめりになる感じです。U-NAM(WEEKEND IN L.A),BRIAN HUGHES(FAST TRAIN TO A QUIET PLACE),JEFF GOLUB(TRAIN KEEPS A ROLLING)が思い起こされました。盲目の今は亡きJEFF GOLUBも良かったけど、Blake Aaronの方がラテンっぽいノリが良いかも…。

投稿: yama_chan | 2020年11月 8日 (日) 01時02分

コメントありがとうござます。
グッド・セレクションですね。ブライアン・ヒューズ、最近はソロ・アルバムが出ていませんが、いいですね。

投稿: UGASAI | 2020年11月 8日 (日) 14時50分

yama_chanです。再度のコメント申し訳ありません。今日ようやくネット購入のCDが来ました。本アルバム凄く良かったです、特に5曲め目以降。実は、2015の Soul Stories の時にさんざん2年間もリストアップしながら買えなかったアーティストだと気付きました。私自信は楽器を演奏しませんが、ジャンルではアルバムを選んでおらず、趣味の感覚がぶれていない自分にホッとしてます。小生、セミクラシックも聴きます。宮本笑里のバイオリン(ドメニコモンターニャ)が、グルーブ感満点で凄いです。もし、お暇があれば、たまには聴いていただきたく。

投稿: yama_chan | 2020年11月22日 (日) 21時57分

yama_chanさま、コメントありがとうございます。Blak Aaronの新作、気に入られたようでよかったです。彼の過去作品はいずれもオススメです。
宮本笑里はぜひ聴いてみます。少し方向が違いますが、最近、ポスト・クラッシックと呼ばれるアーティストを聴きます。グルーヴとは対極なシリアスでヒーリングなムードですが。超有名ですが、ルドヴィコ・エイナウディのピアノは感動ものです。

投稿: UGASAI | 2020年11月23日 (月) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Randy Scott 「Elevation」(2020) | トップページ | Paula Atherton「Can You Feel It ?」(2020) »