« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月の2件の記事

2021年8月22日 (日)

JJ Sansaverino 「Cocktails & Jazz」(2021)

ニューヨーク育ちのギター奏者ジョー・”JJ”・サンサヴェリーノは自らのキャッチ・フレーズとして、”ベンソン・ミーツ・サンタナ”とかかげています。そのフレーズがあらわすように、ジャズにR&B、サンバにサルサなど多様な要素をミックスした音楽が特徴です。

2枚目のアルバム『Waiting For You』(2014)を以前当サイトで紹介しましたが、その後『International Groove』(2018)を発表して、本作は4枚目のアルバムとなります。総勢およそ30名のミュージシャンを起用して、作曲・編曲・プロデュースまで陣頭指揮をふるった力作になりました。

全10曲がそれぞれオリジナル・カクテルをテーマにした構成になっています。CDジャケットも凝っていて、各カクテルの写真とレシピが載っています。実際に、カクテルを作って味わうこともできるというわけです。

カクテルは色々なお酒をミックスして作るように、本作も参加ミュージシャンの持ち”味”をシェイクして作りあげた粋なコンセプトを思わせます。サンサヴェリーノ自身のギター演奏も活躍しますが、参加ミュージシャンをフィーチャーしたオーケストレーションがとても素晴らしいサウンドです。

続きを読む "JJ Sansaverino 「Cocktails & Jazz」(2021)"

| | | コメント (2)

2021年8月15日 (日)

Will Sumner 「Ocean Street」(2021)

ウィル・サムナーは、ロサンゼルス出身のギター奏者です。ミネアポリスでキャリアをスタート、デビュー作『Tropic Zone』(1980)を発表しました。後年、南カリフォルニアに移住して、現在はサンディエゴ郡のカールスバッドを拠点に活動しています。ソロ・アルバムは通算8作品をリリースしています。ギター奏者ですが、ドラムス、ピアノ、ヴァイオリンなどを演奏するマルチ・プレイヤーです。作編曲家としても、映画やテレビなどの映像作品やコマーシャルの音楽を手がける活動もしているようです。

サムナーはあるインタビューに答えて、影響された音楽としてベンチャーズやビーチ・ボーイズのサーフ・ミュージックを挙げています。過去アルバムは、『Pier Groove』(2013)『Endless Sumner』(2020)『Coast Drive』(2003)『Ride the Wave』(2020)という具合に、海やビーチをテーマにしています。拠点のカールスバッド市は太平洋岸に位置するリゾート地だそうですから、自身のビーチ・ライフから生まれる音楽なのでしょう。

続きを読む "Will Sumner 「Ocean Street」(2021)"

| | | コメント (2)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »