« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月の3件の記事

2021年9月26日 (日)

Tom Braxton 「Lookin' Up」(2021)

ウェイマン・ティスデイルは、1985年から1997年までNBAで活躍したプロ・バスケットボール選手でした。音楽にも情熱を傾けて、スムーズジャズ・ベース奏者として8枚のアルバムをリリースしました。

しかし骨ガンに冒されて、右脚切断にいたる闘病のすえに2009年に還らぬ人になりました。今でも話題にのぼることが多い、スムーズジャズ・ファンの記憶に焼きついているミュージシャンです。スラップ(またはチョッパー)がトレードマークのベース奏法は、エネルギッシュなグルーヴ感に溢れています。

サックス奏者トム・ブラクストンは、長年に渡りティスデイルのサイドマンを努めました。ソロでリリースしたアルバム『Bounce』(2005)は、ティスデイルがプロデュースした作品です。ティスデイルは自作曲を提供して、ベースだけでなくギターやキーボードも演奏しています。

ブラクストンは、アルバム『Endless Highway』(2009)に「ウェイマン・ティスデイルとの思い出に捧げる」とクレジットを入れています。その中の曲「That Wayman Smile!」は、ウェイマンを思わせるスラップ・ベースをフィーチャーした演奏で、ふたりの交友関係を忍ばせる印象深い曲です。

続きを読む "Tom Braxton 「Lookin' Up」(2021)"

| | | コメント (0)

2021年9月12日 (日)

Chris Geith 「Invisible Reality」(2021)

クリス・ガイス(もしくはギース)はイタリア育ちでミラノの音楽学校に通い、ニューヨークのマンハッタン音楽学校を卒業したキーボード奏者です。

2000年代になりMP3方式のデジタル音楽配信が普及すると、インディーズのアーティストでも自主的に作品を発表できるようになりました。ガイスは、自主制作したデビュー・アルバム『Prime Time』(2006)で当時の配信サービスで広く注目を集めました。

その後も主に自主制作で、『Timeless World』(2008)『Island Of A Thousand Dreams』(2010)『Chasing Rainbows』(2014)『Well Tempered Love』(2016)などのアルバムを発表しています。演奏家としても、ピーター・ホワイト、ユージ・グルーヴ、スティーヴ・オリバー、ヴィンセント・インガラらと共演をしています。テレビ、ラジオやコマーシャルへの音楽提供の活動もしているようです。

この新作アルバムは、自身の作曲した15曲を収めた力作です。ガイスのピアノ演奏を主役に、全てのサウンドと録音ミックスにいたるまでひとりで手掛けています。

続きを読む "Chris Geith 「Invisible Reality」(2021)"

| | | コメント (3)

2021年9月 5日 (日)

Mark Jaimes 「Hear At Last」(2021)

イギリス出身のギター奏者マーク・ハイメスは、かつてミック・ハックネル率いるシンプリー・レッドのメンバーとしてツアーやレコーディングに参加していました。アルバムとしては『Blue』(1998)から『Stay』(2007)への一連の作品や、近作『Blue Eyed Soul』(2019)のクレジットにも登場しています。

ソロ活動としては、スムーズジャズ系のアーティスト、リック・ブラウン、ブライアン・カルバートソン、ピーター・ホワイト、カーク・ウェイラム、ユージ・グルーヴらと共演を重ねています。なかでもオリ・シルクとの共演は常連のようで、近作『6』(2020)ではほぼ全曲で演奏に加わっていました。

本作がソロ名義でのデビュー・アルバムですが、輪郭が際立つスリック(なめらかな)なフレージングを発揮した充実作です。アシッドやR&Bの味付けにポップなオリジナル楽曲も素晴らしい佳曲ぞろいで、派手さを強調しない洗練された音づくりは好感度が上がります。

続きを読む "Mark Jaimes 「Hear At Last」(2021)"

| | | コメント (2)

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »