« 第64回(2022)グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム」ノミネート作品 ① | トップページ | 2021年のベスト3+1 »

2021年12月29日 (水)

第64回(2022)グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム」ノミネート作品 ②

前記事に続いて、残りの2作品を紹介します。

4. Randy Brecker & Eric Marienthal『Double Dealin'』

ランディ・ブレッカー(トランペット/フリューゲルホルン)とエリック・マリエンサル(サックス)の、初めてのコラボ作品。プロデュースはジョージ・ウィッティ (キーボード)で、作曲/共作からバック・サウンドまで手掛けて本作の要になっています。数曲に、ジョン・パティトゥッチ(ベース)とデイヴ・ウェックル (ドラム)が参加しています。

マリエンサルは、チック・コリア・エレクトリック・バンドのメンバーとして80年代後半にキャリアをスタートしましたが、その時のバンド・メイトがパティトゥッチとウェックルでした。かたやウィッティは、ブレッカー・ブラザースのサポート・メンバーでした。70・80年代のフュージョン・シーンを盛り上げた顔ぶれが集まりました。

「Double Dealing'」は、ワウワウ・エフェクトのブレッカーとパワフルなマリエンサルが激突するベスト・トラック。
「Fast Lane」は、パティトゥッチとウェックルが固める鋭利なリズム・セクションと、ふたりの吹奏も尖ったインター・プレイが圧巻です。
「You Ga (Ta Give It)」は、ブレッカー・ブラザースの『Detente』(1980)に入っていた曲。ディスコ・ビート的なグルーヴに乗って、ふたりが交わすファンキーなバトルが聴きどころ。

現在進行形のスリリングなフュージョンが躍動する名演奏の作品です。

 

5. Steve Gadd Band『At Blue Note Tokyo』

本作は、スティーヴ・ガッド・バンドが2019年12月にブルーノート東京で行った公演のライブ盤です。メンバーは、デヴィッド・スピノザ(ギター)ケヴィン・ヘイズ (キーボード)ジミー・ジョンソン(ベース)ウォルト・ファウラー(トランペット)という布陣。

第61回(2019)グラミー賞ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム賞を受賞したスタジオ・アルバム『Steve Gadd Band』(2018)の演奏メンバーで、ギター奏者がマイケル・ランドウからスピノザに替わった編成です。

半数の演奏曲は前作からで、スピノザが加わるケミストリーが興味を引きます。

前作からの「Rat Race」はランドウのオリジナル(共作)曲ですが、スピノザが流麗なソロを披露しています。

スピノザとガッドはかつて、ヴィブラフォン奏者マイク・マイニエリが率いたイマージュ(L'Imager)というセッション・バンドで共演して、唯一のアルバム『L'Image 2.0』(2009)をリリースしています。そのアルバムから、スピノザのオリジナル曲「Doesn't She Know by now」(初出はスピノザのソロ・アルバム)と「Hidden Drive」を今回のライブで演奏しています。

「Way Back Home」はクルセイダースのナンバーで、全員のインタープレイが徐々に熱をおびる好演です。

ガッドもスピノザも70歳台ながら、熱量が発揮された熟練の演奏記録です。

* * *

さて受賞作品の予想ですが、願いを込めて『Double Dealin'』を本命に推します。対抗馬は、マーク・レッティエリの『Deep: The Baritone Sessions, Vol.2』でしょうか。

 

 

| |

« 第64回(2022)グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム」ノミネート作品 ① | トップページ | 2021年のベスト3+1 »

コメント

Yama chan です。コメントさせてください。
今年は、グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム」ノミネート作品に、小生のお気に入りが2作も入ってびっくりです。その一つがこちら。2020年の作なので、あてはまらないかなとか、思ってました。
本作は、少し本流のジャズっぽいですが好きです。デイヴ・ウェックル (ドラム)が好きです。ドラムはハードに叩いてもらわないといけません。とか思います。5.Sambopを聴くと、しびれちゃいます。6.You Ga (Ta Give It)は、ディスコ・ビート的なグルーヴに乗って、ふたりが交わすファンキーなバトルが聴きどころ。とおっしゃっていますがその通り!!!
楽しいアルバムです。ノミネートおめでとうございます。
Yama chan.

投稿: Yama chan | 2021年12月29日 (水) 18時05分

Yama chanです。
すみません。上記コメントは、4. Randy Brecker & Eric Marienthal『Double Dealin'』に関するものです。

投稿: Yama chan | 2021年12月29日 (水) 18時28分

コメントありがとうございます!
『Double Dealin'』がノミネートされたのは本当にグッド・ニュースでした。受賞するといいのですね。

投稿: UGASAI | 2021年12月30日 (木) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第64回(2022)グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム」ノミネート作品 ① | トップページ | 2021年のベスト3+1 »