« Dan Siegel 「Faraway Place」(2021) | トップページ | Will Ackerman, Jeff Oster, Tom Eaton 「Brothers」(2021) »

2022年1月16日 (日)

訃報:Nick Colionne 「Finger Painting」(2020)

シカゴ出身のギター奏者ニック・コリオーネが、1月1日に死去したそうです。

米国の報道(電子版USA Todayなど)によれば、12月31日イリノイ州エルジン市の病院に緊急入院して元旦の早朝に永眠したとのことです。享年は公表されていませんが、55歳前後と思われます。

コリオーネは 『It's My Turn 』 (1994)でデビュー、マイナー・レーベルなどから複数の作品を発表しました。初等学校の音楽教師を15年勤めた経歴もあり、教師のかたわら音楽活動をしていたようです。

2011年に大手のトリピン・リズム・レコードに所属すると、 『Feel The Heat』 から 『Finger Painting』 (2020)まで5作品を発表しました。(過去記事『Influences』

今春には新作 『Just Like That』 がリリース予定でしたが、発表を前に帰らぬ人になりました。

ウェス・モンゴメリーやジョージ・ベンソンの影響を受けたスタイルで、セミアコでクールにスケール・フレージングを弾きこなすオーセンティックなプレイヤーです。

サウンドはR&Bを基調に、ブルース、ファンクやジャズのエッセンスを盛り込んだアーバン・ジャズ。低音が個性的なボーカルもこなします。帽子とスーツを着こなすダンディなスタイルはトレードマークになっていました。

通算11作目の 『Finger Painting』 が生前最後の作品になりました。

スムーズジャズ・シーンの人気プロデューサー、クリス”ビッグ・ドッグ”デイビスが大半の曲のプロデュース/作編曲/演奏を担っています。ジェームス・ロイド(ピーセス・オブ・ア・ドリーム)が手がけた曲もあります。

スウィート・ムードが充満するR&Bバラード曲、「Romantic Nights」(クリス・デイヴィス作)「Call Me Love」(ジェームス・ロイド作)や、カバーの「The Closer I Get To You」(ロバータ・フラックとダニー・ハザウェイによるデュエット曲)での演奏は絶品です。クール&メローに奏でるフレージング、テクニックでなくハートフルな魅力がこの人の最高の持ち味です。

あらためて噛みしめたいニック・コリオーネの奏音です。

| |

« Dan Siegel 「Faraway Place」(2021) | トップページ | Will Ackerman, Jeff Oster, Tom Eaton 「Brothers」(2021) »

コメント

はじめまして。
ニック・コリオーネが亡くなったのですか、新年早々に残念なニュースです。ロニー・ジョーダン、チャック・ローブ、ジェフ・ゴラブと、スムースジャズ・ギターリストだけ何故か、早逝するのが多いです。そのジェフ・ゴラブが亡くなったのも確か1月1日!何と言う巡り合わせ。今宵はニック・コリオーネ「Wes Before Dawn」とゴラブ「Something」を弾いて二人を偲ぶ事とします。

投稿: バジィー | 2022年1月17日 (月) 03時52分

コメントありがとうございます。
そのとおりですね、スムーズジャズの個性的なギタリストがまた亡くなるとは、残念でなりません。冥福を祈りながら、彼らの名演を聴き返したいと思います。

投稿: UGASAI | 2022年1月17日 (月) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Dan Siegel 「Faraway Place」(2021) | トップページ | Will Ackerman, Jeff Oster, Tom Eaton 「Brothers」(2021) »