« Najee 「Savoir Faire」(2022) | トップページ | ポップスの時代を支えたサウンドの職人ビル・シュネー:『Chairman at the Board: Recording the Soundtrack of a Generation』 by Bill Schnee(2021) »

2022年7月 3日 (日)

Norman Brown 「Let's Get Away」(2022)

ギター奏者ノーマン・ブラウンの13枚目となる新作は、ポール・ブラウンのプロデュースによる作品。

ノーマンの『Celebration』(1999)を始まりに、作品のたびに何曲かはポールがプロデュースや客演で関わるほどの鉄板のコンビです。とはいえアルバムまるごとをポールがプロデュースした作品となると『Just Chillin'』(2002)だけで、それ以来20年ぶりということになるようです。

ポールの手腕でアーバン・ジャズのサウンドに貫かれて、ノーマンのギターはソフトでメロウな音色が冴え渡ります。

サポートには、ルー・レイン(Lew Laing)、ウイリー・モリス(Wirlie Morris)、シェーン・テリオ(Shane Theriot)、ジェフ・カルーザス(Jeff Carruthers)、ジェラルド・マッコーリー(Gerald McCauley)といった、いずれもキーボードやベース/ギターなどマルチ演奏や作曲を手がける新鋭アーティストを起用しているのが注目です。それぞれがノーマンとポールと楽曲を共作、曲ごとに中心になりサウンドを作り上げています。

冒頭の曲「Back At Ya」はルー・レイン、続く「Let's Get Away」はウイリー・モリス、それぞれが曲作りに参加したアーバン・ソウルな佳曲。メロウなサウンドをバックに、ノーマンが弾きまくるギターは絶品です。

「Sunset On Chandler」はシェーン・テリオが参加した曲、バラード基調のサウンドでもアクセントを際立たせためくるめくように展開するノーマンのギターが聴きどころです。

「Late Night Drive」はジェラルド・マッコーリーが参加した曲、ゆったりとしたテンポにキャッチーなリフを繰り出すノーマンならではのリピート必須の好演。

1曲だけのカバーは、ノーマンが敬愛するウェス・モンゴメリーの「Down Here On The Ground」。1968年のCTIレーベルからの名盤タイトル曲で、ラロ・シフリンの作曲。ノーマンの演奏は、ウェスのフレージングを思わせながらも、さらにソフトでかろやかな音色を発揮して引き込まれます。シェーン・テリオが手がけた編曲もムーディーでにくいほどに美しい。

ノーマン・ブラウンとポール・ブラウンがタッグを組んだ鉄壁の充実作です。

|

« Najee 「Savoir Faire」(2022) | トップページ | ポップスの時代を支えたサウンドの職人ビル・シュネー:『Chairman at the Board: Recording the Soundtrack of a Generation』 by Bill Schnee(2021) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Najee 「Savoir Faire」(2022) | トップページ | ポップスの時代を支えたサウンドの職人ビル・シュネー:『Chairman at the Board: Recording the Soundtrack of a Generation』 by Bill Schnee(2021) »