« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月の2件の記事

2023年9月30日 (土)

Skinny Hightower 「Mind Over Matter」(2023)

Mindover_キーボード奏者スキニー・ハイタワーの新作は、全曲アコースティック・ピアノ演奏を繰り広げる意欲作です。オリジナル楽曲はポジティヴなムードをまとう佳曲がならび、ピアノ演奏はこれまでの印象を変えるエネルギッシュな展開からエレガントな味わいまでさまざまな表情を披露しています。

旧作ではピアノだけでなくオルガンやヴィヴラフォンなどの多様な鍵盤を駆使して、R&Bやソウルのエッセンスで粘着性のグルーヴ感を満たす音楽性でした。

本作では、ジャズの主流派を彷彿とするピアノ演奏に終始して、サウンドは打ち込みやオーバー・ダブ(自身によるドラムとベース演奏)で作り込んでいますが、全編でオーガニックなムードが貫かれています。

ゲストには所属レーベル(トリピン・リズム・レコーズ)メイトのゲリー・オーナー(サックス、フルート)や、ヒップホップ系バイオリン奏者ジョッシュ・ヴィエッティが参加して、いずれも印象深い起用が光ります。

続きを読む "Skinny Hightower 「Mind Over Matter」(2023)"

| | コメント (5)

2023年9月16日 (土)

Hank Bilal 「Beneath the Covers」(2022)

Beneththecovers ハンク・ビラルは、米国サウスカロライナ出身の気鋭のトロンボーン奏者です。ソロ名義のアルバムを『Essential Elementas』(2015)を始め通算3作品をリリースしています。

この新作はカヴァー曲が中心の企画作品ですが、選曲は70年代後半から2000年始めのR&B曲を中心にした個性的な秀作です。

取り上げているのは、シャラマー、ジャクソンズ、ガイ、ブラックストリート、モンテル・ジョーダン、ジャヒームなど時代をわかせた人気スターたちで、ディスコやニュージャックスウィングからヒップホップまでヒット曲を並べたさまはお気に入りのプレイリストのようです。

全15曲のうち、3曲のオリジナル曲以外は全てカヴァー曲。オリジナルも、2曲は過去アルバムからの再収録で、1曲だけが新曲という変則的な構成です。奔放で生きのいいビラルのトロンボーンが躍動するすばらしい作品です。

続きを読む "Hank Bilal 「Beneath the Covers」(2022)"

| | コメント (2)

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »