« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月の2件の記事

2023年10月14日 (土)

Andy Snitzer 「A Beautiful Dream」(2023)

アンディ・スニッツアーは、”スニッツアー節“ともいえる個性的な音色とフレージングが魅力で、長年にわたり愛聴するサックス奏者です。作曲家としても、物語性を感じる曲作りの才能が進化形のアーティスト。

新作は、愁いを含んだサックスと色彩に富んだ楽曲の充実感がさらに増した秀作です。旧作で聴きなれた内省的な演奏や楽曲に比べると、明るくポジティブなムードが漂う変化にも気づける内容。

前作『Higher』に続いてキーボード奏者アラン・マレットが共同プロデュースを務めています。スニッツアー作曲の全10曲は味わい深い佳曲が並んで、マレットとのコラボが生み出す緻密なサウンド構成が秀逸です。

続きを読む "Andy Snitzer 「A Beautiful Dream」(2023)"

| | コメント (0)

2023年10月 2日 (月)

Brian Simpson 「Soul Connection」(2023)

Soul_ブライアン・シンプソンの新作は、聴きなれたはずのピアノの音粒が新鮮で、ナイーヴなタッチにためいきが出る充実作です。

ブライアン自身の単独プロデュースによる今作は、共作を含む自作曲を中心に、サポートは近作で常連のアレックス・アル(ベース)マイケル・ホワイト(ドラムス)レイモン・イスラス(パーカッション) アダム・ホーリー(ギター)レイ・フラー(ギター)ヤロー・レヴィー(ギター)らがそつのないサウンドを固めています。

注目は、過去作品でも客演していたサックス奏者スティーヴ・アラニーズ(Steve Alaniz)を半数以上の曲で起用していることです。

アラニーズは南カリフォルニア出身の、ジャズやポップスのセッションマンとして活躍してきたサックス(フルートも)奏者で、TVや映画音楽、音楽教育にも携わっている音楽家です。ソロ作品は無いようですから、シンプソン作品が表舞台への登場といえそうです。

続きを読む "Brian Simpson 「Soul Connection」(2023)"

| | コメント (3)

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »