« Nils Wülker 「Rays of Winter Sun」(2023) | トップページ | 第66回(2024)グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム」ノミネート作品 ② »

2023年12月29日 (金)

2023年のベスト3+1

2023_best

今年はパンデミックも終息に向かい、リモートでなくリアルなアンサンブルの録音作品が増えてきたように思います。

恒例とはいえ順位をつけるのはおこがましいけれど、個人的なヘビロテを基準に選んでみました。私の2023年ベスト3+1です。

① Andy Snitzer 『A Beautiful Dream
② Skinny Hightower 『Mind Over Matter
③ Euge Groove 『Comfort Zone
次:Four 80 East 『Gonna Be Alright

アンディ・スニッツアーは、鳴ったとたんに空気感が変わるサウンドが秀逸な作品。明るさが増した作風の変化も感じられて、今まで以上に好感度が高まりました。タイトル曲は出色の1曲でアルバムの価値を印象づけています。

スキニー・ハイタワーは、豪快なピアノ演奏がとにかく圧巻。発揮するエネルギーとグルーヴが、底知れない逸材を証明した作品です。

ユージ・グルーヴは、リズム・セクションとのリラックスしたアンサンブルを武器に、かつてないほどに吹きまくる隙のないフレージングに脱帽。熱量に加えて、この人らしいエレガンスが心地いいことこの上なしのキャリアでベスト級の作品。

フォー・80・イーストは、エレクトロなサウンドにジャズやR&Bのパーツを組み込んでハイブリッドなグルーヴを進化させた作品。

次点の数々には、ブライアン・シンプソングレッグ・マニングジョナサン・バトラーザ・スリー・キーズなどクオリティに遜色無しの良作ぞろいでした。

ヨーロッパ系も何作か紹介しましたが、ハーモニカ奏者ハーマイネ・デューローは新鮮な魅力の佳作でした。ピアノやギター奏者とのデュオによる、清廉なインタープレイに引きこまれました。デューローはエリック・ヴァーウェイ・トリオと共演した新作をリリースしているので、近いうちに紹介したいと思います。

年内の記事にはできませんでしたが、まだ10代というキーボード奏者ジャスティン・リー・シュルツの新作『Just In The Moment』や、スティーヴ・オリバーの新作『A New Light』などの充実作が個人的ヘビロテ進行中です。来年紹介できればと思います。

今年も当ブログを読んでいただきありがとうございました。どうぞ来年もよろしくお願いします。

|

« Nils Wülker 「Rays of Winter Sun」(2023) | トップページ | 第66回(2024)グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム」ノミネート作品 ② »

コメント

Yama chan です。いつも楽しく拝聴しています。
2023年の小生ピックアップです。

・アルバム5選
1.Chris Bangs "Firebird"
2.Keiko Matsui "Euphonia"
3.Les Sabler "Flying High"
4.Brian Simpson "Soul Connection"
5.Four 80 East "Gonna Be Alright"
・楽曲3選
1.Chris Bangs "East Coast" from album "Firebird"
2.Keiko Matsui "Steps on the Globe" from album "Euphonia"
3.John Carroll Kirby "Mates" From album "Blowout"

2023年は本当に豊作で、小生のアルバム購入枚数が、
歴代年間最多枚数になりました。
Chris Bangs や John Carroll Kirby は小生の趣味の
クラブハウス系のジャズですので、ご興味あれば聴いて
みてください。
Bob James "Jazz Hands" は、購入が2024年になり、また、
興奮が冷めてからという小生の勝手な区分で、2024年枠と
しました。2023年枠に入れたら3位か4位か…

引き続き、楽しい配信をお願いいたします。Yama chan

投稿: Yama chan | 2024年1月 7日 (日) 21時18分

Yama chan さんの年間セレクションとても興味深いです。
Chris Bangsはアシッド系のひとですね、カル・ジェイダーをカバーしていてびっくり、ラテンジャズやフュージョンのムードもあってなかなかいいですね。
John Carroll Kirbyは知りませんでした。Keiko Matsuiの新作は気になっていましたが聴かずにすごしてしまいました。紹介をありがとうございました!

投稿: UGASAI | 2024年1月11日 (木) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nils Wülker 「Rays of Winter Sun」(2023) | トップページ | 第66回(2024)グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム」ノミネート作品 ② »