« 2024年4月 | トップページ

2024年5月の2件の記事

2024年5月26日 (日)

Sean U 「XLR8」(2024)

Img_4258注目株のキーボード奏者ショーン・U(Sean Uliasz)の新作フル・アルバムです。

過去作品にSean Uliasz名義の『Just Before Midnight』(2008)がありますが、おそらく学生時代のプライベート・リリースでしょう。残念ながらネットでも音源は見つかりませんでした。

その後、24歳ごろ(らしい)に5曲入りミニ・アルバム『Electrify』(2016)をリリース。アコースティック・ピアノを主体に、ブライアン・カルバートソンを思わせるエレガントな演奏の秀作です。

自身のバンドでの活動が中心のようですが、サイド・マンとしてブレイク・アーロン、ポーラ・アサートンらのサポートや、トランペット奏者ロブ・ジンの新作にも客演しています。

近年は、精力的にシングル曲を発表して、そのキャッチーな作風を注目していました。今回のアルバムは既発表曲をまとめた構成で、粒揃いの佳曲でかためた充実作です。

続きを読む "Sean U 「XLR8」(2024)"

| | コメント (0)

2024年5月12日 (日)

Norman Brown 「It Hits Different」(2024)

ノーマン・ブラウンの新作は、3人のプロデューサーによる各セッションを収めたアルバム。常連のポール・ブラウン(6曲)とフィル・デイビス(1曲)に加えて、注目はワーリー・モリス(Wirlie Morris)との4曲です。

モリスはかつて、ブラウンの秀作『West Coast Coolin'』(2004)でタイトル曲を含む4曲の共作と演奏(キーボード等)に参加していた人。プロデューサーや作曲家/サイドマン(ボーカルやキーボード等)として、歌手のレマー(Lemar)やフレディ・ジャクソン(Freddie Jackson) ジョニー・ギル(Johnny Gill)をはじめとするR&B/ブラック・コンテンポラリー系のアーティストらを中心に共演実績を重ねています。

モリスが手がけた今作のタイトル曲や「Wings of Love」は、モリス自身のボーカルをフィーチャーしたうっとりするブラコン・ナンバー。ブラウンの音色とフレージングが、アーバンなムードをもり上げています。中でも「Anything」は、ブラウンのソフィスティケートな演奏が輝く決定的なトラックです。

続きを読む "Norman Brown 「It Hits Different」(2024)"

| | コメント (0)

« 2024年4月 | トップページ