« De-Phazz 「Pit Sounds」(2024) | トップページ | Sean U 「XLR8」(2024) »

2024年5月12日 (日)

Norman Brown 「It Hits Different」(2024)

ノーマン・ブラウンの新作は、3人のプロデューサーによる各セッションを収めたアルバム。常連のポール・ブラウン(6曲)とフィル・デイビス(1曲)に加えて、注目はワーリー・モリス(Wirlie Morris)との4曲です。

モリスはかつて、ブラウンの秀作『West Coast Coolin'』(2004)でタイトル曲を含む4曲の共作と演奏(キーボード等)に参加していた人。プロデューサーや作曲家/サイドマン(ボーカルやキーボード等)として、歌手のレマー(Lemar)やフレディ・ジャクソン(Freddie Jackson) ジョニー・ギル(Johnny Gill)をはじめとするR&B/ブラック・コンテンポラリー系のアーティストらを中心に共演実績を重ねています。

モリスが手がけた今作のタイトル曲や「Wings of Love」は、モリス自身のボーカルをフィーチャーしたうっとりするブラコン・ナンバー。ブラウンの音色とフレージングが、アーバンなムードをもり上げています。中でも「Anything」は、ブラウンのソフィスティケートな演奏が輝く決定的なトラックです。

かたやP・ブラウンとはひいきのサポート陣、シェーン・テリオ(キーボード、ギター等)やロバート・ヴァレー(ベース他)に加えて、スパイロ・ジャイラのトム・シューマン(キーボード)やマーク・エサレッジ(キーボード)らゲストが鉄壁のサウンドを固めています。

「Chicken Shack」や「Can't Stop Tryin'」は、グルーヴのスウィッチを入れたブラウンがやっぱり絶品。「Strollin'」では、シューマン(キーボード)のさりげなく美しいタッチが聴きどころです。

モリスが手がけた曲はヒット性を感じる佳曲ですが、一方でP・ブラウンとはいつもの路線とはいえ、個人的にはこれぞと安心感が高まるノーマン・ブラウンが堪能できます。

|

« De-Phazz 「Pit Sounds」(2024) | トップページ | Sean U 「XLR8」(2024) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« De-Phazz 「Pit Sounds」(2024) | トップページ | Sean U 「XLR8」(2024) »