カテゴリー「サックス」の134件の記事

2021年9月26日 (日)

Tom Braxton 「Lookin' Up」(2021)

ウェイマン・ティスデイルは、1985年から1997年までNBAで活躍したプロ・バスケットボール選手でした。音楽にも情熱を傾けて、スムーズジャズ・ベース奏者として8枚のアルバムをリリースしました。

しかし骨ガンに冒されて、右脚切断にいたる闘病のすえに2009年に還らぬ人になりました。今でも話題にのぼることが多い、スムーズジャズ・ファンの記憶に焼きついているミュージシャンです。スラップ(またはチョッパー)がトレードマークのベース奏法は、エネルギッシュなグルーヴ感に溢れています。

サックス奏者トム・ブラクストンは、長年に渡りティスデイルのサイドマンを努めました。ソロでリリースしたアルバム『Bounce』(2005)は、ティスデイルがプロデュースした作品です。ティスデイルは自作曲を提供して、ベースだけでなくギターやキーボードも演奏しています。

ブラクストンは、アルバム『Endless Highway』(2009)に「ウェイマン・ティスデイルとの思い出に捧げる」とクレジットを入れています。その中の曲「That Wayman Smile!」は、ウェイマンを思わせるスラップ・ベースをフィーチャーした演奏で、ふたりの交友関係を忍ばせる印象深い曲です。

続きを読む "Tom Braxton 「Lookin' Up」(2021)"

| | | コメント (0)

2021年6月13日 (日)

Marion Meadows 「Twice As Nice」(2021)

マリオン・メドウズの新作は、クリスマス・アルバムをはさんで「Soul City」(2018)からは4年ぶりのオリジナル・アルバムです。「Soul City」は大半がボーカル曲の作品だったので、インストゥルメンタル中心としては「Soul Traveller」(2015)以来の作品となります。

プロデュースを、ポール・ブラウン(5曲)、クリス・デイヴィス(4曲)、ジェフ・ローバー(1曲)が手がけています。フィーチャー・ゲストに、スティーヴ・オリバー(ギター)、ゴスペル/ワーシップ系シンガーのドネリー・スモールウッド(ボーカル)らが参加しています。

ポール・ブラウンが、メドウズのアルバムをプロデュース/共演するのは初めてのようです。スムーズジャズ界の看板のようなふたりが、初めてのコラボとは意外です。ブラウンらしい都会的でメロウなサウンドに、メドウズのサックスが違和感なく溶けこんで、洗練された音像の上質感は素晴らしい。

続きを読む "Marion Meadows 「Twice As Nice」(2021)"

| | | コメント (2)

2021年6月 6日 (日)

Merlon Devine 「Soul Jazz」(2021)

マーロン・デヴァインは、ワシントンDCを拠点に活動するサックス奏者です。コンテンポラリー・クリスチャン(もしくはワーシップ)・ミュージックとよばれる現代的ゴスペルのインストゥルメンタル・アーティストととらえられているようですが、スムーズジャズ/コンテンポラリー・ジャズとクロスオーバーする演奏家です。ソロ・アルバムは、『Due Season』(2002)から『Now』(2017)まで6作品を数えます。ソプラノ・サックスの演奏をトレードマークとして、包容力を感じさせる音色とサウンドが特徴です。

7作目となる新作は、クリスチャン・テーマを思わせるタイトルも並びますが、ミッドテンポを中心としたサウンドはメロウなムードに貫かれたコンテンポラリーなアーバン・ジャズとして堪能できる秀作です。

今作では曲ごとに複数のプロデューサーを迎えて、デヴァインと楽曲の共作/演奏で制作されています。ルー・レイン、デリック・ハーヴィン、マイケル・ブレーニングなど、いずれも近年のスムーズジャズ作品で活躍する実力派プロデューサー/ミュージシャンと洗練されたサウンドを作りあげています。

続きを読む "Merlon Devine 「Soul Jazz」(2021)"

| | | コメント (0)

2021年5月30日 (日)

Randal Clark 「Imaginary World」(2021)

ランダル・クラークは、米国ユタ州ソルト・レイク・シティを拠点に活動するサックス奏者。

ジェラルド・アルブライトやエリック・ダリウスらと共演するジャズ演奏だけでなく、ユタ交響楽団で活躍するなどクラシックの演奏家でもあります。また、ユタ大学で音楽教育の博士号を取得した指導者という、才能あふれる音楽家です。

この作品が、コンテンポラリー・ジャズのデビュー・アルバムのようですが、披露するサックスは技巧と熱量を込めた演奏が光る秀作です。

サポートするのは、ジミー・ハスリップ(ベース、共同プロデュース)、ジェフ・ローバー(キーボード)、ゲーリー・ノバック(ドラムス)、ヴィニー・カウリタ(ドラムス)らで、<ジェフ・ローバー・フュージョン(JLF)>の中核メンバー。

まるで、新たにクラークが加入してパワーアップしたような、JLFならではのとがったグルーヴが随所で展開されます。加えて、フィーチャー・ゲストに、ランディ・ブレッカー(トランペット)、マイケル・トンプソン(ギター)、スコット・キンゼイ(キーボード)らが参加しています。

続きを読む "Randal Clark 「Imaginary World」(2021)"

| | | コメント (2)

2021年5月 9日 (日)

Richard Elliot 「Authentic Life」(2021)

スコットランド出身のリチャード・エリオットは、80年代からジャズ/スムーズジャズ界の第一線で活躍するサックス奏者です。ファンク・バンドのタワー・オブ・パワーに参加した後、1984年に『Trolltown』でソロ・デビューしました。以来、20作近いアルバムをリリースしています。この新作は、『Summer Madness』(2016)以来の5年ぶりとなるオリジナル作品です。

近年作品では、『Summer Madness』がリック・ブラウン、『Lip Service』(2014)がポール・ブラウン、『In The Zone』(2011)はジェフ・ローバーらにプロデュースを任せていました。この新作は初期の作品に戻ったように、久しぶりの自身によるプロデュース作品になっています。プロデュースの熱意も込められて、コンテンポラリー・ジャズの本格派を志向した力作になりました。近年ではベスト級の作品といえます。

多くのプロジェクトで共演を重ねてきた盟友達、リック・ブラウン、ジェフ・ローバー、フィリップ・セス、デイヴ・コーズらを客演や共作に迎えています。リック・ブラウンはほぼ全曲の共作と客演に関わっています。特にブラウンが手がけたホーン・アレンジが洗練されていて、アルバム全体のサウンドのかなめになっています。

続きを読む "Richard Elliot 「Authentic Life」(2021)"

| | | コメント (2)

2021年4月11日 (日)

Michael Lington 「Alone Together The Duets」(2021)

マイケル・リントンの新作は、多彩なゲストとのデュオによるパフォーマンスを記録した作品です。昨年からのパンデミック下でリントンは、Stageit(ステージイット)というストリーミング・サービスを利用してビデオ・ショウを配信していました。その中から、ゲストをむかえた演奏10曲をまとめたものです。

過去に発表済みのトラック(いわゆるカラオケとして)に、リントンとゲストが演奏を重ねるというスタイルで作られました。登場するデュエットはリモート・ライブではなく、それぞれが事前にワン・テイクで録画/録音したものを技術的につなぎ合わせて完成させたといいますから驚きです。まるでスタジオ・ライブのような臨場感がリアルに感じられる好演の連続です。

6曲がボーカリストとの共演で、ポップス/R&B名曲のカバーとオリジナル曲の再演です。各シンガーの名唄はもちろんですが、リントンのいわゆる”歌伴”でのハートフルなサックス演奏が絶品です。

続きを読む "Michael Lington 「Alone Together The Duets」(2021)"

| | | コメント (0)

2021年3月29日 (月)

Jeff Ryan 「Duality」(2021)

サックス奏者ジェフ・ライアンは、「Embrace」(2018)でデビューしたスムーズジャズ界の新鋭アーティストです。デビュー作は、グレッグ・マニング(キーボード)が楽曲共作とプロデュースでサポートした作品でした。

ライアンの祖父は音楽教師、父親はクラシック・ピアニスト、母親はオルガンを演奏するという音楽一家に育ちました。10歳でサックスを始めて、学生時代にはジャズ・アンサンブルで演奏活動を始めています。バークリー音楽大学などで学んだ後、サンフランシスコのベイエリアを中心にサイドマンとして活動します。近年は、ニルス、ポール・ブラウン、アダム・ホーリーなどのアルバムのゲスト参加での活躍が目立ちます。

テナー奏者ですが、のびやかでメロウな音色が持ち味です。ポップでキャッチーなオリジナル楽曲も魅了で、コンテンポラリーなアレンジに、R&Bやファンクの要素をブレンドした洗練されたサウンドです。

続きを読む "Jeff Ryan 「Duality」(2021)"

| | | コメント (0)

2021年3月 6日 (土)

Jazmin Ghent 「Forever...Jaz」(2021)

ジャズミン・デボラ・ジントは、今、スムーズジャズ・シーンで注目を集める女性サックス奏者です。テネシー州立大学の音楽教育学部を卒業後、小学校の音楽教師を務めながらサックス奏者としての活動を行っていたそうです。ジャズ・ファンの両親が授けたという名前”ジャズミン”が生まれながらの才能を約束していたのかもしれません。

プライベート・リリースした2枚のアルバム、「Boss」(2015)「Chocolate Sunshine」(2016)の後、3枚目のアルバム「The Story of Jaz」(2018)がNAACP(全米有色人種地位向上協会)の主宰する<イメージ・アワード>、第50回(2019)の授賞式で<アウトスタンディング・ジャズ・アルバム賞>に選ばれました。

4作目となるこの新作は、ユージ・グルーヴが前作に続いてプロデュースを手がけています。オーソドックスで自然体の吹奏は、中低音のフレージングを特徴に滑らかに飛び回ります。ソウル/ゴスペル的な情熱も聴かせますが、伝統的なジャズのスタイルを基本に、ジェントルなブローに終始するのが持ち味です。コンテンポラリーなサウンドは、ソリッドなリズムとグルーヴで固められていて、ユージ・グルーヴの手腕を感じさせます。

続きを読む "Jazmin Ghent 「Forever...Jaz」(2021)"

| | | コメント (0)

2021年1月17日 (日)

Will Donato 「Elevate」(2020)

サックス奏者ウィル・ドナートは、2004年以来ソロ・アルバムをコンスタントに発表しているアーティストです。現在所属しているレーベル、インナーヴィジョン・レコーズからは、ソロ3作目の『Will Call』(2007)を始めとして『Lows of Attraction』(2009)『What It Takes』(2010)『Universal Groove』(2014)『Supersonic』(2017)のオリジナル・アルバム5作品と、クリスマス・アルバム2作品をリリースしています。この新作は、通算10作品目のオリジナル・アルバムです。

ドナートの演奏は、エネルギッシュな吹奏スタイルが特徴で、オリジナル楽曲はポップなセンスとR&Bやソウルのソリッドなテイストが共存した佳曲が並んでいます。正統ジャズの即興フレージングを披露する好演奏も聴きどころになっています。

この新作は、ドナートの従来のスタイルに磨きをかけた内容ですが、注目はオリジナル・アルバムでは初めてと思われるフルート演奏をフィーチャーしたことです。タイミングでは前作にあたる『Renaissance Christmas』(2019)が全10曲、フルートだけの演奏を披露したクリスマス・アルバムでした。それ以前のクリスマス・アルバム『Best of Season』(2011)でも数曲、フルートを吹いていましたが、オリジナル・アルバムではサックス演奏に徹していたようです。

続きを読む "Will Donato 「Elevate」(2020)"

| | | コメント (0)

2020年11月29日 (日)

Dave Koz 「A New Day」(2020)

デイヴ・コーズの新作は、久しぶりのオリジナル・スタジオ・アルバムです。近年は、続編も作られた「アンド・フレンズ」名義の『Summer Horns』や、クリスマス企画アルバム、ライブ・アルバムなど活発な作品リリースが続いていましたが、ソロのスタジオ作品は2010年の『Hello Tomorrow』以来10年ぶりとなる新作です。デビュー作品から30年目、通算20枚目のアルバムという記念碑的作品になります。

参加ミュージシャンは、ダーレン・ラーンリック・ブラウンデイヴィッド・サンボーンフィリップ・セスボブ・ジェイムスジェフ・ローバーポール・ジャクソン・ジュニアマーク・アントワン、デイヴィッド・マンなど共演常連が集合しました。ほとんどの曲が、共作によるオリジナル新曲です。

ポップでキャッチーな「Summertime In NYC」は、R&Bシンガーのブライアン・マックナイトをゲストにむかえた曲。軽やかにスイングするコーズのソプラノ・サックスと、オーバー・ダビングしたマックナイトのスキャットがからむ、アダルト・コンテンポラリー・スタイルのハイライト曲です。

続きを読む "Dave Koz 「A New Day」(2020)"

| | | コメント (2)

より以前の記事一覧